埼玉県の高校司書が選んだイチオシ本 2011

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

舟を編む

三浦 しをん

◆言葉を持って人と、物とつながる…。その素晴らしさに泣けてきます。◆登場人物がとても魅力あり、ストーリーも起伏あり、小説の醍醐味を味わえます。ラストは泣けます! 読後は図書館の辞書コーナーへダッシュ!

図書館指定なし

県庁おもてなし課

有川 浩

◆良くも悪くも役人だった主人公たちが、外の世界に接することで成長しながら、真剣に一つのことを成し遂げようとする姿を見てほしい。◆この作品は特に「元気が出る度」「目からうろこ度」で★★★です。

図書館指定なし

未来ちゃん

川島小鳥

◆とにかく未来ちゃんの瞳にノックアウト!!されること間違いなし。 ◆生命感あふれる未来ちゃの姿に、生徒も職員も癒されました。

図書館指定なし

オーダーメイド殺人クラブ

辻村 深月

◆誰もが経験したことがあるであろう、思春期特有のやりばのない苛立ちやクラスや友達との関係の不安定さが、当時の自分と重なり共感。読み終わりはさわやかで好感が持てました。

図書館指定なし

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

長谷部誠

◆スポーツ選手のたゆまぬ努力に頭が下がります。読書について触れられているところも、ポイント高し!

図書館指定なし

困ってるひと

大野 更紗

◆読めば読むほど壮絶な難病生活を、明るく語る一冊。福祉のあり方、富の偏在…、重たいテーマを数多く抱えているのに爽快な読後感が不思議な一冊。

図書館指定なし

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

蛇蔵

◆古典にもツッコミをいれるあたり、さすがです。

図書館指定なし

脱皮コレクション

◆脱皮だけを集めた写真集。昆虫が主だが爬虫類、両生類など自分が知らなかった生物の脱皮を見ることができる。生徒に人気だったのはダンゴムシ。個人的に一番驚いたのは亀の脱皮! 蛇の脱皮写真も迫力です。

図書館指定なし

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

大沼紀子

◆絶対に夜中に読まないでください!! パン屋に駆け込みたくなります! ちょっとかわったお客たちの引き起こす事件は、面白くも、あったかい気持ちになります。

図書館指定なし

なんにもないけどやってみた――プラ子のアフリカボランティア日記 (岩波ジュニア新書)

栗山 さやか

◆茶髪でガングロのショップ店員プラ子さんが、友人の死をきっかけに、海外に出て、HIVや風土病に苦しむアフリカの女性達を支えたボランティア記。気持ちがあればなんでもできるということを語ってくれる本。

図書館指定なし

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

三上 延

◆古書を介して関わった人たちの物語の謎を読み解いていく、穏やかなミステリ小説。登場してきた本を読後手に取ってみたくなります。

高校生にオススメ

2011年1~11月に出版された本(ジャンルは問わない)の中から、埼玉県の高校司書が、高校生にぜひおすすめしたい!と熱く思った本を投票で選んだリストです。埼玉県高校図書館フェスティバルの一貫として、募集を行いました。

応募時に投票者がつけた順位の高い順にオススメ度★(ベスト1 ★★★ ・2 位★★・3位★)をつけて集計し、選定しています。

ちょっと本を読むのは苦手、という高校生にも、メジャーな本は大体読んでるから、もっと別の本を、という高校生にも、自信をもっておすすめできる本ばかりです。

本家ページには『舟を編む』はじめ数冊に著者コメントもあります。ぜひこちらも御覧ください。
http://shelf2011.net/htdocs/index.php?page_id=90

19人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:4643回、公開:2012/02/09

レシピの感想を書く

書いた人 : 埼玉県高校図書館フェスティバル実行委員会さん

県立高校司書の有志で「埼玉県高校図書館フェスティバル」というイベントを開催してきました。イベントはお休み中ですが、高校生にすすめるイチオシ本を毎年投票で決めています。

専任・専門・正規の司書が置かれた埼玉の県立高校図書館は、読書に授業に交流の場にと、生徒たちから愛されています。「人」のいる高校図書館の楽しさを皆様に知っていただきたいと思っています。

http://shelf2011.net/

Twitter : shelf_20110219 - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む