プライバシーとセキュリティ

プライバシーポリシー

クッキーもういらない

基本方針

カーリルは、プライバシーの重要性を認識しています。サービスを継続的に改善し、利便性や収益性を確保するために、特定の個人を識別する情報およびアクセス履歴を含むパーソナルデータ(以下パーソナルデータと呼びます)を収集、保存して分析する場合があります。このようなときは収集範囲と保存期間を明確に定め、必要最小限となるよう努めます。お預かりするパーソナルデータは、その重要性を十分認識し、尊重するとともに、適切に保護し、責任を持って管理します。

ユーザーの権利尊重

ユーザーからのお問い合わせ、自己情報の開示、修正、補正もしくは消去、または利用もしくは提供の拒否を求められたときは、合理的な範囲で最大限にユーザーの権利を尊重し、これに応じるよう努めます。

パーソナルデータの収集と利用

パーソナルデータをお預かりする場合は、その利用目的を明確にし、その目的を超えた収集や利用はいたしません。また、パーソナルデータの処理を伴う業務を外部へ委託する場合は、秘密の保持、再委託に関する事項、事故時の責任分担、契約終了時の個人情報の返却及び消去等について明確に定め、それに従います。

アクセスログの取り扱い

サーバー上で記録されるアクセスログ(IPアドレスや要求URL)はサーバー設備の運用目的にのみ使用され、原則として6か月以内に削除します。これらのデータは、たとえ個人を特定できないデータであったとしてもパーソナルデータとして取り扱います。

パーソナルデータの保護

パーソナルデータへの不正なアクセス、紛失、漏えい、破壊、改ざんを防止するため、情報セキュリティ基本方針に基づき必要かつ適切なセキュリティ対策を講じます。

外部とのデータ共有

ユーザーの利便性を向上したり、広告などの収益性を確保するなど明確な目的のために、ユーザーの合意を得たうえで、カーリルが適切にプライバシーポリシーを運用していると認める第三者とパーソナルデータを共有します。共有するデータは必要最小限となるよう努めるとともに、サービスごとにユーザーに分かりやすくお伝えします。また、可能な限りデータの共有を拒否するための手段を提供します。

合意なき第三者への提供

法令に基づき司法機関、行政機関から法的義務を伴う要請(捜索差押令状など)を受けた場合を除き、パーソナルデータをユーザーの合意なく第三者に提供することはありません。また、提供事実については、合理的な範囲で広く公開します。捜査関係事項照会書に基づく要請には原則として対応しません。

法令等の遵守

個人情報の保護に関する法律をはじめとする個人情報の保護に関する法令、ガイドラインおよび本プライバシーポリシーを遵守します。 電気通信事業者として電気通信事業法を遵守し、すべての検閲を排除するとともに、通信の秘密を守ります。図書館サービスの提供者として、図書館の自由に関する宣言と整合性のあるプライバシーポリシーを運用します。

ポリシーの改定

本プライバシーポリシーは定期的に見直し、よりよいものにしていきます。改定の際は、ウェブサイトにおいて適切に告知し、最終改定日を明記します。特にパーソナルデータの利用実態が大幅に変更となる場合は、再度合意を得るなど適切な対応をします。

お問い合わせ窓口

本プライバシーポリシーに関する問い合わせはカーリル問い合わせページで受け付けます。

改版履歴