2年生、一人で読める本

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

霧のむこうのふしぎな町 (新装版) (講談社青い鳥文庫)

柏葉 幸子

女の子が一人で不思議な体験をして、その中で少しずつ成長していく様子が分かります。 本が好きな子であれば、そろそろ憧れる文庫本。 最初に大人が読んであげると一人でも読みやすいと思います。

図書館指定なし

わかったさんのクッキー (わかったさんのおかしシリーズ)

寺村 輝夫

わかったさん、こまったさんシリーズは、娘が図書室で借りてきて読んでいました。 女の子にお勧めの作品です。

図書館指定なし

ごんぎつね (日本の童話名作選)

新美 南吉

少し切ない昔話です。 子供なりにこの本を通じて何かを感じ取っているのかなと思います。

図書館指定なし

ながいながいペンギンの話 (岩波少年文庫 (003))

いぬい とみこ

ペンギンの双子の兄弟のお話。 ペンギン目線で今まで知らなかった世界が分かる作品。 動物好きの子供には特におすすめです。

図書館指定なし

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)

あまん きみこ

小さな頃から戦争について少しずつ触れていく。大切なことだと思います。

図書館指定なし

月刊 たくさんのふしぎ みらくるミルク 1996年 02月号(第131号) [雑誌]

とにかく牛乳が大好きな娘が、熱心に読んでいました。 ミルクが様々なモノへ変化していく様子が分かりやすく書かれています。

図書館指定なし

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)

那須 正幹

読んでいる最中に、思わず声をあげてしまうほど夢中に読んでいました。

図書館指定なし

いちばん星、みっけ!―ミナモとキースケのたからさがし (おはなしボンボン)

長崎 夏海

同じボロ団地に住む同級生の二人。気の強い女の子とマイペースな男の子のお話です。

図書館指定なし

だれもしらない

灰谷 健次郎

障害を持った人に実は勇気をもらっている。低学年でも分かり易く、そして短い文章でも何かを感じられる作品だと思います。

2年生のお子さんにオススメ

幼稚園の頃にゾロリシリーズにはまり、それ以来本が大好きな娘。
近所のカフェでお茶をしながら、親子一緒に無言でよく読書をしたりしていました。
小学生になり、ゆっくり読む時間は減りましたが、いつでも本には触れていて欲しいと常に思っています。

5人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:1032回、公開:2015/07/15

レシピの感想を書く

書いた人 : きばさん

30歳を過ぎて、本を読み出しました。
今なら、「趣味=読書」って言えるかな…。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む