STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
せのお

せのお

気になった興味のテーマの本をまとめて借りて書評を付けています。

@senooken

本が好きです

さんの書評2021/02/28

ネットビジネス黎明期の成功者による情報起業のコツは「売れるものを売ること」

# 書評☆5: 時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法 | ネットビジネス黎明期の成功者による情報起業のコツは「売れるものを売ること」 ## 概要 - 書名: 時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法 - 副題: - 著者: 菅野 一勢 - ISBN: 9784872578294 - 出版: 2007-09-25 - 読了: 2021-02-28 Sun - 評価: ☆5 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/02/28/ ## 評価 以前書評を書いた「[マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣](https://book.senooken.jp/post/2020/10/17/)」で紹介されており,気になっていた菅野一勢のこの本を借りて読んだ。 インターネットビジネス (情報起業,コンテンツビジネス) の黎明期の成功者による,成功の秘訣が具体的に書かれていた。 本書の特徴は,多くの情報起業本で書かれている,自分や身の回りの得意なことを真っ向から否定するところだ。 その代わり,売れるものを売るということで,商材選びが一番重要な手法となっていた。 売れるものを売るという,よく考えれば当たり前のことだが,そこに筋を通してやっていたのが新鮮だった。 代わりに,自分でカバーできない部分は,専門家やその道の達人とパートナーを組んで,取材をしたりして商材を作成することになる。 なかなかハードルは高いが,売れるものを売るという点を考えれば,なっとくの方法だった。 書籍に掲載されているWebサイトは多くがリンク切れになっているが,手法自体は未だに有効で,具体的な方法まで細かく書かれており,とても参考になった。 ## 引用 > ### p. 20-22: 情報起業で大切な3点 情報起業で大切な3点として以下をまず上げていた。 1. 売れる商材 2. 魅力的なセールスレター 3. アクセスが多いホームページ そして,その中で最も重要なことが,「売れる商材」を見つけることと強調していた。 情報起業の紹介本では,自分が持っている情報を売ろうというのが多いが,本書ではこれを真っ向から反対する姿勢を取っている。 「ネットで月収1000万円! 情報起業の不思議な稼ぎ方」でそのことに触れている。 そんなに売れる情報が身の回りにごろごろ転がっているわけではないというのがその理由のようだ。 > ### p. 26: 菅野式情報起業の手順 著者の大まかな起業手順が以下のとおりに記されていた。 1. 自分の好きなことをいったん度外視し,売れる情報を見極める。 2. まわりにその情報がなければ,持っている人を発掘し,概要を掴む。 3. セールスレターを書き,ホームページを作成し,先行予約販売を開始する。 4. 売れることを確認してから,商材の作成を進める。 5. 商材完成後,予約注文者に代引きで発送する。 6. 継続したマーケティングでホームページにアクセスを集める。 この内,3-6は手順に沿ってやるだけで,やってみるとそんなに難しくない。1-2の商材選びが一番難しいとのことだ。 > ### p. 32: バカ売れ3大ルール 商材選びで重要なルールが紹介されていた。 まず人間の根源の悩みに関わる「バカ売れ3大ルール」として以下の3点を挙げていた。 1. お金が儲かるノウハウ (株や稼ぎ方) 2. 男女の悩みが絡むノウハウ (モテる方法など) 3. コンプレックス解消,悩み解決ノウハウ (ダイエット,ハゲなど) 悩みが深く,お金を出してでも解決したいと思う人が多いので,売れやすいとのことだ。これに加えて,最近は以下の2点も急激に売り上げが上がるようになっているらしい。 1. お役立ちツール (ビジネスを効率化するツール集) 2. スキルアップ (TOEIC,記憶力アップ,ゴルフスコアアップなど) これらを「バカ売れ3大ルール+2」と本書では総称している。 例えば,インターネット上のお役立ちツールをたくさんまとめて紹介しただけのものでも売れるらしい。人が手間をかけている部分を楽にするという,家事代行,運転代行などと同じようなビジネスになるようで,需要があるらしい。 そして実際に以下の情報商材の販売プラットフォームでの売り上げランキングもこれに沿っているらしい。 1. [インフォトップ](http://www.infotop.jp) 2. [インフォカート](http://www.infocart.jp) 3. [インフォストア](http://infostore.jp) > ### p. 50: 売れる商材の見つけ方 実際にこの5の条件に当てはまるものを見つける方法を説明していた。 これはアマゾンの売れている本のランキングでわかるらしい。 ランキングを1-100位まで1週間に1回,5分間眺めて,気になるキーワードや本があれば,カスタマーレビューなどを読んで,何が良かったのかを把握して,特に気になったタイトルを控えておく。 これで売れるかどうかが直感で見抜けるらしい。 > ### p. 57: 菅野一勢の「商材発見法」 本書の肝ともいえる著者の商材発券方法が紹介されていた。まず,自分や身の回りの情報に限定しないということを前提としている。 1. 需要把握: 「教えて!goo」で選んだキーワード (例: 口臭) の需要を確認。1000件以下だと売りにくいと判断する。 2. ライバル確認: 検索エンジンでキーワードを検索して,スポンサーサイトを確認。他者の商品の概要を把握して差別化可能か判断。 3. ライバルの売れ行き把握: インフォトップのランキングを確認。 1で需要があるのに,2-3が少ない場合,供給が足りていないということで,大チャンスとなる。 > ### p. 63: 売れるネタかどうかを検証する「3の質問」 選んだキーワードに対して,更に3の質問で検証する。 1. その悩みに緊急性はあるか? 2. その悩みは,海の底のように深いか? 3. ノドから手が出るほど欲しい人は,どれくらいいるか? > ### p. 66: 商材のパートナーとなる「達人」 商材作成のパートナー選びについて紹介されていた。 ここまでの説明で,商材は売れる確率が極めて高い情報の中から,自分がやりたいもの,知りたいものを選ぶことができる。 肝心の商材は自分が詳しいとは限らない。その場合,その道の達人を探してプロデュースする必要がある。中途半端の得意分野でやると売れない商材を作ることになるので,まずは売れる分野にフォーカスする。 肝心の達人はいろんな方法で探せる。 1. SNS (ミクシィ) 2. オールアバウト そして,パートナーを選ぶ際は以下の6の条件をできるだけ多く満たせる情報商材を作れそうな人を選ぶ。 1. 必ず結果が出る (儲かる,やせる,もてる) 2. 早く結果が出る (明日から,たった10日で) 3. 簡単にできる (主婦でもできる,考える必要がない) 4. 時間がなくてもできる (サラリーマンやOLでもできる) 5. 写真掲載OK (証拠写真やプロフィール写真はあったほうがよい) 6. 投資資金が不要 (始めるのにいっさいお金はかからない) パートナー選びでは,断られてもくじけない。断られても失うものがないので,別の人を探す。 > ### p. 87: 商材の内容 パートナーを選んで商材作成時の内容について説明していた。 これは買い手が絶対に知りたいという内容をもれなく載せることが大事となる。 その分野の本を20-30冊を買い込んで,さらに購入した本のカスタマーレビューで,どういう情報を知りたいのか徹底検証する。 パートナーに商材を書いていただけない場合,質問事項をパートナーにぶつけて取材して,その内容を元に自分かライターで作成する。 > ### p. 91: 売れるタイトル・セールスレター 商材の作成方法が終わったので,ここからはセールスレターの話になる。 まず,タイトルについて説明していた。売れる本はタイトルでほとんど決まるとのことで,タイトルの重要性を問いていた。 これを踏まえて,「まぐまぐ」の週間総合ランキング,Amazonの売り上げランキング,情報商材サイトのランキングでタイトルを見て,まねる。 > ### p. 115: 売り方 商材の形態について説明されていた。 支払い方法を増やしたり,紙書籍版を用意するなど,販売方法を殖やすことを勧めていた。 ## 結論 ネットビジネス黎明期の成功者である菅野一勢の情報起業の手法が書かれていた。 どれも具体的で誰にでもできるような内容だった。コンテンツビジネスに限らず,ビジネスマンとして商売で成功する上で必要な基本的なスタンスも学べて,とてもよかった。 自分の期待以上の内容だった。 是非手元においておきたいと思える1冊だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/02/07

キュレーションサイト,オウンドメディアなど,ライティングに特化した漫画

# 書評☆3: 沈黙のWebライティング | キュレーションサイト,オウンドメディア,ライター外注など,ライティングに特化した漫画 ## 概要 - 書名: 沈黙のWebライティング - 副題: Webマーケッターボーンの激闘 - 著者: 松尾 茂起 - ISBN: 9784844366232 - 出版: 2016-11-11 - 読了: 2021-02-07 Sun - 評価: ☆3 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/02/07/ ## 評価 前著の[沈黙のWebマーケティング ディレクターズ・エディション](https://book.senooken.jp/post/2020/12/08/)が面白かったので,その続きの本書も読んだ。 前著がWebサイトの運営・マーケティング全般を取り扱っていたのに比べて,Webライティングに特化した内容になっていた。 比較・キュレーションサイトや,テーマ,オウンドメディア,ライター依頼など,ライティングに特化した内容だった。 ただ,前著に比べて,細かい話が多くて,ページ数もけっこう多くて,なんだか読んでいてだれてしまった。 ## 結論 前著はインパクトが強くて中身もまとまっていたのでよかった。 続編の本書は前著の最初のインパクトになれてしまったのもあり,印象が薄れてしまった。 ページ数が多く,内容も細かい話が多かったので,読むのが面倒くさく感じた。 ページ数は多いがすらすら読める内容だったので,参考として読むのはありだと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/01/17

株式投資全般に必要な知識が得られるテクニック集

# 書評☆4: 2018年版 億超えを可能にする 株の稼ぎ技 223 | 株式投資全般に必要な知識が得られるテクニック集 ## 概要 - 書名: 2018年版 億超えを可能にする 株の稼ぎ技 223 - 副題: - 著者: 立野 新治 and 下中 英恵 and 伊達 直太 - ISBN: 9784866362540 - 出版: 2018-04-15 - 読了: 2021-01-17 Sun - 評価: ☆4 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/01/17/ ## 評価 以前読了した以下の本が良かったので,シリーズのベースとなっている本書にも興味を持って読んだ。 - [2020年版 株の稼ぎ技 短期売買 228])(https://book.senooken.jp/post/2020/11/27/) - [株の稼ぎ技 短期売買編 175](https://book.senooken.jp/post/2020/08/20/) 内容は株式投資全般,主に中長期投資にフォーカスした投資術がまとめられている。以下の目次通りの内容が書かれていた。 1. 配当・優待 2. 銘柄選択・売買 3. 相場・テクニカル 4. 株に関する制度 5. 決算・IR・世界情勢 6. アノマリー・メンタル 特に株式投資初心者の場合,広範囲の情報を得ることができるので,最初の段階で読むととても有益だと思った。 特に,3の相場・テクニカルと6. アノマリーがよかった。相場は大口が動かしているので,その流れになるのが重要となる。 彼らの事情について書かれており,理解が深まった。 例えば,年間を通して,勝ちやすい月,下がりやすい月,ETFなどの解約のタイミングなどと合わせて理由も説明されており,なるほどと思うことが多かった。 ## 結論 株式投資全般に対する技がまとめられた本だった。 広範囲に渡って情報がまとめられており,目次を眺めて,興味ある箇所を拾い読みするだけでも十分有益だと思う。初心者の場合は全部読んでわからないところ,初めて知った部分を重点的に学ぶと,実践にも役立つと思った。 何より,この情報量で値段が1000円程度と安価なのが素晴らしい。毎年更新されているようなので,安定して勝てるようになれば,毎年購入するのもありではないかと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/01/03

アフィリエイト初心者が狙うべきジャンルは新商品?

# 書評☆4: 現役ASP役員が教える本当に稼げるアフィリエイト | アフィリエイト初心者が狙うべきジャンルは新商品? ## 概要 - 書名: 現役ASP役員が教える本当に稼げるアフィリエイト - 副題: アクセス数・コンバージョン率が1.5倍UPする プロの技48 - 著者: 納谷 朗裕 and 河井 大志 - ISBN: 9784800720528 - 出版: 2018-04-10 - 読了: 2020-01-02 Sat - 評価: ☆4 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/01/03/ ## 評価 以前読了した「[お金儲け2.0](https://book.senooken.jp/post/2020/08/01/)」でアフィリエイトの参考書籍として紹介されていて興味を持って読んだ。 ASP役員と有名アフィリエイターが共同で書いたアフィリエイトのコツがまとめられた本となっている。 内容としては,著者の片方の河井大志の「[10年稼ぎ続けるブログを創るアフィリエイト成功の仕組み](https://book.senooken.jp/post/2020/11/28/)」と似ている部分が多かった。 基本的には,アフィリエイトを行う分野を決めたら,それに関するキーワードを列挙して,キーワードを網羅するように記事を作り込んでいくというものだった。 基本的な手順が同じだったが,本書特有のツールの紹介,初心者が狙う分野として新商品を推奨するなど新しい視点があって参考になった。 ## 引用 > ### p.52: プロの技13 【ジャンルキーワード】ランキング、比較コンテンツの構成 > ジャンルキーワードはアフィリエイターだけでなく、そのジャンルに関する企業もSEO対策しようと考えているので、難易度の高いキーワードです。 > ___ > もしこのようなコンテンツでも太刀打ちできない場合、絞り込み検索ツールを入れるのもお勧めです。 > ___ > お勧めの絞り込み検索ツール作成サービス > > Alisearch (アリサーチ) http://alisearch.info 絞り込み検索ツールについて紹介されていた。 > ### p. 63: プロの技16 「上位表示をするキーワードを大量に選ぶ方法 こちらではキーワード選定に使えるキーワードツールが4点紹介されていた。 1. Googleキーワードプランナー: GoogleAdWordsに登録すると使える。 2. Yahoo!キーワードアドバイスツール 3. グッドキーワード 4. keywordtool.io > ### p. 95: プロの技24 各記事の順位チェックと記事のカスタマイズ こちらでは,自分が行った背策の実施効果の有無を確認するために,表示順位チェックについて書かれていた。 その中で,[GRC](http://seopro.jp/grc/)というツールが紹介されていた。 > ### p. 105: プロの技26 初心者向けのジャンルや商品を探してみよう こちらでは,アフィリエイト初心者が挑戦するジャンルとして,新着商品,新商品を狙ってみることを推奨していた。理由としては,ライバルが少なく,自分の記事が上位表示される実感を得られやすいことを挙げていた。この点についてはなるほどと感じた。 ## 結論 アフィリエイトのコツについて書かれていた本だった。 他のアフィリエイト本と共通する内容も多かったが,共通する部分は成功する上で本質的な部分なのだろうと思った。 文量も多くなく,アフィリエイトする上で読んで損はないかなと思った。 特に,初心者は新商品を狙うという点が目新しかった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/20

最新リストマーケティング解説

# 書評☆4: 6億円文章術 | 最新リストマーケティング解説 ## 概要 - 書名: 6億円文章術 - 副題: - 著者: 紙 直樹 - ISBN: 9784344925939 - 出版: 2020-01-31 - 読了: 2020-12-20 Sun - 評価: ☆4 - URL: money.senooken.jp/post/2020/12/20/ ## 評価 コンテンツビジネスやリストマーケティングなど,個人でできるビジネスについて調べていて興味を持って読んだ。 本書は数多くのインターネットビジネスを手がけて成果を上げてきた著者による,最もよいと考えているリストマーケティングの指南が書かれていた。 リストマーケティングというビジネス手法は昔からあるが,そこまで数が多いわけではなく,2020年時点では最新の書籍となっている。文章術というと言い回しや文章の構成などをイメージするかもしれないが,そういう意味では書名と内容は合っていない。あくまで,リストマーケティングをうまくやるための文章術という視点で見る必要がある。 なぜこの方法がいいのかから,基本的な考え方,ステップメールでどういう内容を組むかなどが書かれていた。 特に,コンサルティングから初めてノウハウを教材にしていくという流れが興味深かった。 直近に読んだ「[コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法](https://money.senooken.jp/post/2020/12/03/)」に通じるところがあり,よかった。 ## 引用 > ### p. 62: ブログ > リストマーケティングで稼ぐ方法や、その枠組みをどう考えるかなどはこの後お伝えしていくが、操作方法や、より細かい説明を知りたい場合は動画などをアップしている私のブログ (https://kaminaokiofficial.com) を、是非補足的に見ていただきたい。 著者のブログが紹介されていた。 > ### p. 75: 10年後も個人で稼ぎ続けられる「文章×リストマーケティング」とは? こちらでは文章×リストマーケティングでは,「仲間を集めてコミュニティを作る」ということをやることについて説明していた。 昔はインターネットがなく,良くも悪くもTVくらいしか情報源がないために,みな似たようなことしか興味がなかった。同じドラマや漫画を読んでおり,共通点が多かった。現在は細分化されており,共通の趣味を持つ人と出会いにくくなっている。この理由としては,SNSが流行っているからとしている。 実績がある人よりも,自分が興味のある人の発信を最終的に見るという傾向がある。つまり,実績の大小ではなく,生き方や価値観に共感して超小規模の「町」がネット上にいくつもできあがっている。だから,このコミュニティを形成することが重要だと書いていた。 これを踏まえて,基本的に以下の3ステップを実践する。 1. 発信するジャンルと「どんな人に情報を届けたいか?」、収益化のポイントを決める 2. 各種SNS (全てのSNSを駆使する必要はない) であなたの情報を欲している人を集める 3. 賞品や情報を提供する (あるいは紹介する) > ### p. 95: 文章術で人生を変えた人たち > 今では4社を経営し、私の会社の取締役も務める大越さん。本書と同時期に『Amazon個人輸出&輸入で実現する「雇われない生き方」』という書籍も出版されるが、彼に最初に会ったのは2015年頭頃でなかなか口下手な感じの印象だった。 教え子の著書が紹介されていた。 > ### p. 100: コラム成功法則「成功したいなら周囲の95.5 %の話は聞くな」 国税庁の「平成29年分民間給与実態統計調査」で年収1000万円以上の割合が4.5 %と書かれていた。ここから,金持ちになりたいなら,周囲の話は聞かないほうがいいということが書かれていた。 統計情報として参考になった。 > ### p. 105: 第3章「文章×リストマーケティング」で稼ぐ6億円文章術のポイント この章は本書の肝になる具体的な稼ぐ方法について説明が始まった。 まず,当然ながら稼ぐ方法としては以下の2種類がある。 1. 自分でコンテンツを作成・販売 2. 他人のコンテンツ・サービスを紹介して紹介料 さらに自分で作る場合,以下の3種類がある。 1. オンラインサロン: 月500円-5万円 2. 教材: 1-10万円 3. コンサルティング: 10-100万円 この中では,コンサルティングが一番良いとしている。最初は多くの顧客を集客するのが難しいので,一人あたりの単価を高く取らないと収益にならないというのが現実的な理由としている。 コンサルティングをする中で,ノウハウを教材にして,コンサル生なども含めてそこから教材・オンラインサロンのコミュニティなどをやると大きくしやすいらしい。 具体的な王道パターンは以下となる。 1. コンサルティングを販売 2. コンサルティングを経て貯めたコンテンツを教材化して、より多くの人にノウハウを見てもらう 3. コンサル生を本気で引き上げて成功させ、自分のサービスの実績を作る 4. 随時コンサル生は面倒を見られる範囲で受付つつも、最初の育てたコンサル生にもサポートに入ってもらう 5. 教材の精度を上げたり、コミュニティを展開したりする 6. 育った生徒は自分と違った「得意」を持っているのでそれをコンテンツ化させる 7. 生徒のコンテンツを広める・紹介する この一連の流れができると淀みなく収益が回り、雪だるま式に大きくなるらしい。 > ### p. 129: ニーズや強豪を調査する (ポジショニング) 自分の存在を際立たせていく上で,「早い」「デカイ」「珍しい」をポイントにしていた。これらのどれかがあると,自分を際立たせることができるとのことだ。 > ### p. 247: メルマガ 著者のメールマガジンは (https://kaminaokioficial.com/1a9f) とのことだ。 また,2016年に「自由人の条件」という電子書籍を出版しているらしいが,今では見ることができなくなっている。 ## 結論 リストマーケティングの新しい本だと思った。 リストマーケティングやコンテンツビジネスを行う上での基本的な考え方ややり方がかかれている。 このあたりの情報は思っていたより,書籍としてはでていないので,貴重な本だと思った。 個人的には,一部 (笑) などが使われているのが気に入らないが,そこを除けば文体も気に入っていた。 著者のメルマガなどを購読してもう少し勉強したいと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/19

日経平均と先物のタイムラグを狙えば勝ちやすい?

# 書評☆3: 一生お金に困らない個人投資家という生き方 | 日経平均と先物のタイムラグを狙えば勝ちやすい? ## 概要 - 書名: 一生お金に困らない個人投資家という生き方 - 副題: - 著者: 吉川 英一 - ISBN: 9784478017869 - 出版: 2012-01-26 - 読了: 2020-12-11 Fri - 評価: ☆3 - URL: money.senooken.jp/post/2020/12/11/ ## 評価 不動産投資とデイトレーダーとして成功している著者による個人投資家を目指すための方法が書かれている。 著者のブログは「[吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!](https://a1yoshikawa.blog.fc2.com/)」となっている。現在は,不動産がメインのようだ。 「[実は誰でもなれる!個人投資家という夢の職業|個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!|ザイ・オンライン](https://diamond.jp/articles/-/15845)」で興味をもって図書館で借りて読んだ。 不動産投資と株式投資の指南が書かれていた。どちらかというと株式投資,デイトレードよりの内容だった。 前半くらいまでは一般的なことが書かれており,後半に少し具体的な方法が書かれていた。 ゆきゆという個人投資家の影響を受けて,日経平均先物と日経平均のタイムラグを利用した売買で勝てるようになったらしい。 過去に有名だった個人投資家の情報などが書かれていて,参考になった。 ## 引用 > ### p. 018: 個人投資家になるには何の資格もいらない ここでは資産も知識もまったくないサラリーマンを念頭において書かれた『あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方』という本が紹介されていた。 > ### p. 36 踏み上げ相場 > 相場をいつも大きく押し上げるのは、踏み上げ相場 (空売りで予想に反して値上がりし,高い値段で買い戻すことで、さらに上昇する相場) で、売り方の買い戻しに寄るところが大きいのですが、売り方が売り込めない状況が続いているため、下にも上にも動かない管理相場が続いてしまったのです。 踏み上げ相場という用語を初めて知った。 > ### p. 110: 支払った授業料は軽く500万円 デイトレードを始めたきっかけとなる「ゆきゆ」のブログ (http://blog.livedoor.jp/yukiyu1218) が紹介されていた。 > ### p. 117: このブログに出会って失意のどん底からはい上がった 勝てない状況から勝てるようになったきっかけとなったたかやんのブログ「[デイトレ生存率向上ブログ](https://www.traderspage.biz/)」が紹介されていた。 > ### p. 121: テクニカル分析に最適なブログはこれ! テクニカル分析の参考に毎日チェックしているブログとして,「[ついてる仙人の『株式投資』『日経225先物』と『ありがとう』で幸せになるブログ](http://tuiterusennin.blog109.fc2.com)」を紹介していた。 こちらの著者は『株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式』と『日経225先物ストレスフリーデイトレ勝利の方程式』というチャート解説の本も出しているらしい。 その他,「[兜昇一郎の株で儲けるぞ!](http://kabutosyouitirou.livedoor.biz)」というもブログも紹介されていたが,こちらは閉鎖されていた。 > ### p. 125: 日経225のイブニング取引 > デイトレをやってみたいけど、日中働いているサラリーマンには無理とおっしゃる方は、日経225のイブニング取引をお勧めします。取引時間が16時30分から翌朝3時まで延長されましたので、帰りの遅い方でも取引できるようになりました。 日経225のイブニング取引は初めて知った。 また,ここでは『超入門 2億円稼いだ株之助の世界一老けたいデイトレ授業』という本も紹介されていた。 > ### p. 130: 私が見つけた勝利の方程式とは? ここでは著者が勝てるようになった経緯が書かれていた。ゆきゆのブログで先物という言葉が何回も登場していたのをヒントにした。先物の値動きを見て,225採用銘柄の現物株もほぼ同様の動きをしているらしい。デイトレードで勝っている投資家は,現物より一瞬早く動く日経平均225先物の動きを見て,後出しじゃんけんで現物株を取引しているので,高い確率で勝てるらしい。 > ### p. 139: 私がデイトレ中に表示しているのはこの3画面 ここでは著者がチェックしている情報が紹介されていた。 - 業種別に10株ずつ100銘柄の株価ボード - [リアルタイム 世界の株価指数と為替](http://www.w-index.com) - 日経平均と日経平均225先物 ## 結論 前半部分は比較的一般的なことが書かれていて,あまり参考にならなかった。 後半あたりから具体的に影響を受けたブログや手法が書かれていて,参考になった。 日経平均と先物についてはもう少し自分で調べたいと思った。過去の有名個人投資家の情報を知ることができる本だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/12

セクター循環,大口の動向,チャート心理など短期投資家のためのガイドマップ

# 書評☆4: 億万長者トレーダーが薦める名作・傑作!投資本30 | cisも参加したセクター循環,大口の動向,チャート心理など短期投資家のためのガイドマップ ## 概要 - 書名: 億万長者トレーダーが薦める名作・傑作!投資本30 - 副題: - 著者: 扶桑社マネー本研究会 - ISBN: 9784594058586 - 出版: 2009-02-10 - 読了: 2020-12-10 Thu - 評価: ☆4 - URL: money.senooken.jp/post/2020/12/10/ ## 評価 以前書評に書いた「[一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学](https://money.senooken.jp/post/2020/10/26/)」のAmazonでのレビューで,cisが他に登場している本として本書が挙げられており,興味を持って読んだ。 億トレーダーである以下の5名の短期の個人投資家とcisが作った個人投資家のSNSであるカブトモNetでのアンケートから30冊の投資本を紹介している。 1. 50億円cis 2. 8億円まぐうぃっち 3. 4億円びびりおん 4. 3億円ますぷろ 5. 2億円三空 まぐうぃっちが読書家なのもあり,彼による推薦本が数としては多かった。逆に,びびりおんはほぼ推薦人としては登場しなかったように思う。 今回は短期投資家 (デイトレーダー) がメインの推薦人のため,短期投資の本がメインのラインアップとなっている。 推薦されている本としては,「[金持ち父さん貧乏父さん](https://book.senooken.jp/post/2020/11/01/)」しか読んだことがなく,この他に2-3冊名前を聞いたことのある本があるものの,ほとんど知らない本だらけだった。 数が少々多いものの,様々な視点で今でも通用する古典が数多く紹介されており参考になった。 特に,デイトレーダー定番の「デイトレード」「投資苑」「ゲイリー・スミスの短期売買入門」の3冊があることを知れたのは良かった。 その他,セクターの循環や大口の動向,チャートと心理など重要なキーワードがいくつも書籍の紹介で知ることができ,視野が一気に広がった。 ## 引用 推薦本の中で特に気になった本を後で読むためにリストアップする。 > ### p. 18: デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術 三空の推薦。デイトレーダーなら絶対に読むべきとされている。特に精神面に重点が置かれた本となっている。 > ### p. 36: 図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナス理論のすべて ますぷろの推薦。こちらの書籍では人間心理について解説されている。多くの人間がコツコツドカンで負ける理由が心理的に説明されていた。 人間の心理として,損失は遅く,利益確定は早くするという作用がある。これを克服できないとコツコツドカンで負ける。 > ### p. 70: 欲望と幻想の市場 伝説の投機王リバモア まぐうぃっちの推薦。株式市場創成期の伝説的投機家の人生を小説化したものとなっている。 基本的な手法は抵抗線や支持線を超えた部分での取引だった。 > ### p. 86: 投資苑 心理・戦略・資金管理 三空の推薦。精神分析の専門家の著者により,心理面から投資行動やマーケットの値動きを分析している。 支持線や抵抗線がなぜ・どういう理由で形成されるのかが説明されており,テクニカル分析の心理的な裏付けがなされている。 > ### p. 92: ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理 三空の推薦。インデックスファンド投資を推奨する有名な本となっている。 三空の話だと,最初に過去のバブルの経緯が分析されており,こちらだけでも一見の価値があるとあり興味をもった。 > ### p. 98: 実践 生き残りのディーリング - 変わりゆく市場に適応するための100のアプローチ カブトモNetからの推薦。普段なかなか伺うことのできないプロの機関投資家の世界・考え方が記されている。 > ### p. 106: 株式市場「強者」の論理 三空の推薦。直前の「生き残りのディーリング」に続いて大口の外国人投資家の手法について解説した本となっている。株式市場は大口投資家がほとんど支配しているため,彼らの動向を知ることはかなり重要になる。 > ### p. 112: ブラジルに雨が降ったらスターバックスを買え まぐうぃっちの推薦。投資に役立つ経済学の本として推薦されている。こちらの本では書名にある通り,マクロ経済の変化が金融マーケットに与える影響を具体的に分析し,どのように実際にトレードすべきか説明している。 要点としては,セクターには循環があるので,セクターごとのトレンドを掴むことが重要というところだ。 > ### p. 154: 金融広告を読め どれが当たりで、どれが外れか cisの推薦。cisは「投資は人に教えてもらうのではなく、自分で勉強するもの」と考えており,本をあまり読まないらしい。代わりに,著者のバイアスがあまりかかっていない仕組みを解説している本は知識を得るために時々読むとのこと。 本書は金融商品の仕組みを解説しており,ぼったくられないための知識としていいらしい。 > ### p. 166: 決算書の暗号を解け! -ダメ株を見破る投資のルール cisの推薦。cisの話だと「投資に必要な決算や会計の知識は、決算書入門とか会計入門とか、簡単な初心者向け解説書を読んだあとに、実際に最近、倒産してしまった企業の決算書をさかのぼって5年分くらい見るのが一番」とアドバイスしている。 本書では決算短信を1ページ目からどう読むかが手取り足取り書かれている。 > ### p. 194: ゲイリー・スミスの短期売買入門 ホームトレーダーとして成功する秘訣 三空の推薦。既に登場した「デイトレード」「投資苑」と並んでデイトレーダー定番の書で,短期売買の具体的な手法がたくさん書いてある。 > ### p. 202: 私は株で200万ドル儲けた - ブレイクアウト売買法の元祖「ボックス理論」の生い立ち まぐうぃっちの推薦。個人投資家の成功本の走りとなっている。高値ブレイクで表現されるボックス域を抜けて次のボックスへの移行の動きを捉えた逆指値を使った取引手法を説明している。 > ### p. 208: 月100万円儲ける!「株」チャートパターン投資術 1年で1500万円稼ぐサラリーマントレーダーが教える! 5人の推薦。大失敗を経験しながら安定して月100万円前後儲かるトレーダーになるまでの軌跡と,具体的な手法が書かれている。 > ### p. 214: 平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます! 5人の推薦。地合いの悪い時期でやると大損するが,地合いのいい相場では使える手法となっている。2004年頃からデイトレーダーたちの成功・ノウハウ本が相次いで出版されるようになった。その中で,本書はストーリー性,金額が大きく,20万部のこの頃のデイトレ成功本最大のヒット作となった。 ## 結論 cisが登場する他の本ということで興味を持って読んだ。短期投資において重要なテーマを押さえた名作がまとめられていた。 2020年の今となっては古典的なものが多くなるのだが,セクター循環や大口の動向など今まであまり見えていなかった重要なテーマに気付くことができた。 そういう意味で,短期投資を行う上で,どういう良本があるのか,実際に成功した人からのお墨付きのものを知ることができるので,とてもよかった。 時間をかけてリストに挙げた本は全て読みたいと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/12

魅力的な物語で現実的なWebマーケティングを学べる珠玉の1冊

# 書評☆4: 沈黙のWebマーケティング ディレクターズ・エディション | 魅力的な物語で現実的なWebマーケティングを学べる珠玉の1冊 ## 概要 - 書名: 沈黙のWebマーケティング ディレクターズ・エディション - 副題: Webマーケッターボーンの逆襲 - 著者: 松尾 茂起 - ISBN: 9784844364740 - 出版: 2015-02-01 - 読了: 2020-12-08 Tue - 評価: ☆4 - URL: book.senooken.jp/post/2020/12/08/ ## 評価 アフィリエイトなどネットビジネスを成功させるポイントであるWebマーケティングについて調査していて読んだ1冊だ。 本書はWebマーケティングの分野では特に人気の本だったため,半年ほどの予約期間を経て図書館で借りて読んだ。 漫画仕立てにオーダーメイド家具のWebサイトを成功に導くまでの過程が書かれていた。 現実的な物語になっており,理解しやすく,物語としても魅力的な登場人物が多く,面白かった。その他,具体的な情報があり参考になるところが多かった。 類書に「[マンガでわかるWebマーケティング 改訂版](https://book.senooken.jp/post/2020/11/12/)」を過去に読んだが,インパクトや実用性という観点からは本書のほうが有益だと感じた。 ## 引用 > ### p. 52: ガイドラインを順守したサイトづくり こちらではサイトがGoogleからペナルティを受けないために,Googleの「ウェブマスター向けガイドライン」(https://support.google.com/webmasters/answer/35769?=hl=ja) が紹介されていた。 > ### p.364: ソーシャルメディアに露出起点を! こちらではWebサイトのアクセス数増加で効果的なソーシャルメディア (Twitter) の具体的な運用方法を紹介していた。 Twitterアカウント運用の成功モデルには以下の2通りがあるらしい。 1. ほかのTwitterユーザーのコンテンツの露出・拡散を手伝う 2. ほかのTwitterユーザーの役に立つ良質な情報 (コンテンツ) をツイートする。 この内,2はそもそもフォロワーが必要なので,1から始めるのが効果的とのことだった。さらに,聞き役に回って絡んでいくことで,返報性の原理でフォロワーやリツイートが増えていくとのことだった。 この戦略をとるに当たって,フォロー相手やコミュニケーション相手が重要になる。 フォロー相手のポイントとして以下の5点を挙げていた。 1. 最近投稿 2. 他社のコンテンツもシェア 3. 誰かと絡んでいる 4. 比較的よく投稿 5. ポジティブな発言が多い 自分の声の届くユーザーを増やして月に100フォロワーずつくらい増やすことを目指すといいとのことだった。 > ### p. 395: G戦場のレンタルサーバー こちらではアクセス数の増えたサイトのレンタルサーバーの対策が記されていた。 検索エンジンのBingのip検索機能や,Windowsのnslookupコマンドで自分のサイトのIP (レンタルサーバー) にどれだけのサイトが同居しているかを確認できる。 加えて,サーバーの503エラーの検知サービスとして「アクセスアラーム」を紹介していた。こちらは2019年にサービスを終了していたので,変わりのサービスを探す必要はあるが,こういうものを使いこなすことが大事だというのは参考になった。 > ### p. 480: 沈黙 こちらでは書名にある沈黙の意味が書かれていた。Webマーケティングで成功すると取材などの申込みが入るが,これは断ったほうがいいらしい。自社の成功事例がWebに掲載されても,競合からの妬みしか生まれず,いいことがないらしい。 > ### p. 495: 本書の初出について > Webコンテンツ『沈黙のWebマーケティング-Webマーケッター ボーンの逆襲-』(http://www.cpi.ad.jp/bourne/) を書籍化したものです。ストーリー部分のエピローグと解説部分に関しては、本書の書き下ろしとなります。 本書の初出について書かれていた。本書を読むか判断するのにこちらのサイトを参考にすればよいだろうと思った。 ## 結論 漫画仕立てで書かれたWebマーケティングの本だった。 奇抜なイラスト・物語でインパクトが強いが,内容もそれに負けないしっかりしたものだった。 内容的にはSNS運用が特に参考になったかもしれない。 Webマーケティングを学ぶ上では押さえておきたい1冊だと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/12

与沢翼の2人目の彼女による彼氏との良好な関係構築本

# 書評☆2: 「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。 | 与沢翼の2人目の彼女による彼氏との良好な関係構築本 ## 概要 - 書名: 「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。 - 副題: - 著者: 山田 るり子 - ISBN: 9784763133069 - 出版: 2013-08-10 - 読了: 2020-12-09 Wed - 評価: ☆2 - URL: book.senooken.jp/post/2020/12/09/ ## 評価 与沢翼の2/3人目の彼女であり,アパレル企業倒産からインターネットビジネスで復活するまで付き合っていた山田るり子の著書となっている。 2013年出版であり,インターネットビジネスで成功した時点での話となっている。 以前書評にした「[マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣](https://book.senooken.jp/post/2020/10/17/)」で紹介されて存在を知り,興味を持って読んだ。 内容は,与沢翼との出会いから成功するまでの話,その他書名にある通り,お金持ちにこれからなる男の見つけ方と,接し方などが書かれていた。 書名に「育てました」と書かれているのが少々違和感を感じる。結果を見れば,育てたというより一緒に過ごしたくらいのニュアンスではないかと思う。 結局その後与沢翼とは別れており,3人目の彼女と結婚している。 女性向けの彼氏との関係をうまくやるための一般的な内容が多く感じ,あまり参考にはならなかった。 ## 引用 > ### p.196: プロフィール > - YAMADA RURIKOオフィシャルブログ http://ameblo.jp/ruriko-yamada > - フェイスブック https://www.facebook.com/yamada.ruriko 著者のSNSが記されていた。オフィシャルブログは2019年10月20日のインスタグラムの更新で止まっていた。 今はYouTubeを使ったvlogをメインに活動しているようだった。 ## 結論 与沢翼の2人目の彼女による彼氏との関係構築の本だった。 与沢翼との出会いの話のところは若干興味深かったが,男の自分からすると,一般的な内容が多く,あまり参考にはならなかった。 与沢翼関係本のコレクション要素以外であまり価値を見いだせない本だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/05

技術者必見のキラーコンテンツの作成方法と販売方法

# 書評☆4: コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法 | 技術者必見のキラーコンテンツの作成方法と販売方法 ## 概要 - 書名: コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法 - 副題: - 著者: 五藤 万晶 - ISBN: 9784495523213 - 出版: 2014-09-11 - 読了: 2020-12-03 Thu - 評価: ☆4 - URL: money.senooken.jp/post/2020/12/03/ ## 評価 コンテンツ・ビジネスに興味があり,調べていて見つかった数少ない本の一つだ。 士業やコンサルタントがそれぞれのキラーコンテンツを作って商売として成功するための方法について解説している。 コンサルタントの失敗するケースや,先生業の構図について説明し,本書のメインであるキラーコンテンツの作り方と売り方について書かれていた。 コンサルタントだけでなく,専門性をもっている技術者にも通用する話で,本質的な部分に迫った内容になっており,とてもよかった。 ## 引用 > ### p. 52: 絶対に知らなくてはならない先生業の構図 こちらの節では,先生業の構図について説明されていた。 専門性と人数から以下の4に分類される。 - A: Acadeby - B: Business - C: Culture - D: Doctor そして,先生業は本質的にアルバイトと同じ時間給の仕事であるため,時間あたりの単価を高めるために,BDゾーンを狙わないと難しくなるということが書かれていた。 そして,お金をもっている決済権限者に響くテーマになっていないと難しいということだった。 > ### p. 112: 学んだことを教えてもコンサルタントになれない 第4章からは,本書の肝となるキラーコンテンツの作り方について書かれていた。 キラーコンテンツのベースとなるのは,教科書や本などに書かれている一般的な情報である。そこから,「その人からでなければ教えてもらえない」という状態に構築する必要がある。 これがどういうことかというと,「自分が学んだことを直接教えていない」ということになる。自分が一般的な情報から学んだ内容を,あるテーマに体系立てて組み替えて,自分が発案した効果的なノウハウを教えることがキラーコンテンツの本質になる。 > ### p. 130: 経営者向けに変換する 前節でキラーコンテンツのベースとなる考え方がわかったところで,具体的にキラーコンテンツを作成する手順が説明されていた。 まず第一に自分のコンテンツを経営者やお金をもっている人向けに変換する。例えば,最初に「社長のための」というフレーズを付けたテーマにする。そして,このテーマにふさわしい内容にするために足りない部分を埋めていく。 自分が学んだことを組み立てるのではなく,期待されるテーマやイメージを先に作り,それに足りない部分を埋めていくという順番になる。 また,自分のテーマの中で,影響度の大きいもの,動かすお金の大きいものに注目するというのもキラーコンテンツのポイントとなる。単なるデータ整理であっても,全社員の仕事効率が上がる戦略というふうにすると聞こえ方が変わってくる。 自分のテーマを,経営者や大きなお金・影響の大きい部分に特化させることが,自分独自のキラーコンテンツの手っ取り早い方法となる。 > ### p. 153: 「コンサルティング」は、売れるカタチになっているか? 第5章では,キラーコンテンツの販売方法について解説されていた。 一般的なマーケティング手法では顧客の求めることを聞き出して提案するという方法がとられる。しかし,そもそも知らないことは誰も答えられない。そこで,「何かありませんか?」という受け身の姿勢ではなく,「これ,どうですか?」企画提案型にすることで,潜在的なニーズを発掘できる。 例えば,旅行のパックツアーがこれの最たる成功例となる。提案情報に触れたことで,需要が喚起されるということがある。 そこで,コンサルタントにも同じくパッケージ商品を作ることを提案している。 実際の構築方法については[ホームページ](http://drgc.jp)への誘導で終わっていた。 ## 結論 技術者や専門家が自分の能力で商売をしていく上でのポイントが書かれていた。 影響の大きな部分にフォーカスをあてて,売りやすい形のパッケージ商品を作るというコンテンツ・ビジネスで重要な視点を学ぶことができた。 このあたりを意識していきたいと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!