電車、機関車、駅が舞台のおすすめ絵本

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

エアポートきゅうこう はっしゃ! (PHPにこにこえほん)

みねお みつ

小3鉄道好きの最近のお気に入りはこれ。身近な京急線、新逗子から羽田空港まで運転士さんが交代しながらの運行に密着。沿線風景、運転席の計器から運転士さんのカバンの中身まで詳しくて見飽きないらしい。

図書館指定なし

いちばんでんしゃの うんてんし (福音館の科学シリーズ)

たけむら せんじ

中央線の車掌さんの仕事に密着した作品。元JRの車掌さんが作者なので細かいところまでわくわくする詳しさ。

図書館指定なし

でんしゃがまいります (こどものとも700号記念コレクション20)

秋山 とも子

新宿駅の中央線のホームを朝から晩まで観察した作品。駅で働くさまざまな人、いろいろな乗客、聞こえてくるアナウンス、読み応えがあります。

図書館指定なし

やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)

西村 繁男

上野と金沢を結ぶ今はなき夜行列車(急行越前)の出発から終着まで。古い作品で、今の駅や電車とはずいぶん違うけれど、いろいろな乗客たちの一晩の旅にドラマがつまっていて旅情たっぷりの楽しい作品。

図書館指定なし

しゅっぱつ しんこう! (のりものえほん (10))

三田村 信行

夜中にお気に入りの赤い電車の運転士になって動物たちを乗せて海へ行って帰ってくる、というファンタジー。京急の赤い電車が好きな息子のいろんなツボだったようでお気に入りの一冊。

図書館指定なし

でんしゃはうたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

三宮 麻由子

駅から走りだしてから、踏切越えて鉄橋わたって線路を走り、次の駅に止まるまでの電車のリズムと音でできている絵本。電車に乗ってる気分というか電車になった気分になれる。

図書館指定なし

いたずらきかんしゃちゅうちゅう (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

バージニア・リー・バートン

かわいいきかんしゃの脱走劇。迷子で心細くしている場面などはこどももすっかりちゅうちゅうに同化して迎えがきたときにはほっとします。見返しの地図を指でたどりながら何回読んだことか。

図書館指定なし

きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本)

阿川 弘之

こちらは日本の機関車のお話。周りが次々電化されていって、古いやえもんにも引導を渡される日が…おじいちゃんが読み聞かせたら涙無くしては読めないかも。

図書館指定なし

きかんしゃ1414 (世界のどうわ傑作選 (6))

フリードリヒ=フェルト

やえもん同様、長年働き続けて老いた機関車が主人公、(ちゅうちゅうとちがって)運転士さんから一晩のお休みをもらって出かけたら大冒険に。絵本というより幼年童話ですが毎晩少しずつの読み聞かせに。

図書館指定なし

エンソくん きしゃにのる (こどものとも傑作集)

スズキ コージ

エンソくんの一人旅、羊の群れが乗り込んできたり、なかなかシュールな汽車旅ですが、こどもが魅了される世界。

図書館指定なし

ペンギンきょうだい れっしゃのたび

工藤 ノリコ

ちいさな3きょうだいでの列車の旅。わがやも3きょうだいだったので、自分たちにひきつけて楽しんだ作品。周りの乗客の動きやおいしそうなおべんとうなど、何度読んでも楽しい絵本。

図書館指定なし

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん))

工藤ノリコ

好奇心旺盛ないたずらノラネコたちが運転士さんの目を盗み、汽車の運転席を乗っ取って逃避行。見よう見まねの運行はさてどうなる? 

かなり電車好きな親子にオススメ

10月14日は鉄道の日です。
電車や汽車のでてくる絵本はものすごくたくさんありますが、
そのなかで、わがやの鉄道好き少年のおメガネにかなった作品を紹介します。
電車の型番などにうるさく、半端な創作絵本よりもていねいに取材したリアルな絵本が好きなようです。
そのようなお子さんのお役に立てれば…

上段3冊:鉄分多めでうるさいお子さんも鉄道に詳しい大人もきっと満足
2段目3冊:電車のさまざまな楽しみを感じる絵本
3段目3冊:なつかしのきかんしゃが主役の3冊
4段目3冊:わくわくたのしい汽車の旅3冊

9人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:2665回、公開:2015/10/14

レシピの感想を書く

書いた人 : のりすさん

こどもの本が大好き。
絵本・児童書は幼いころ出会ったロングセラーから、こどもたちとともに出会った新刊まで。
大人の本は、文庫・新書中心に出版社PR誌も愛読。
最近はようやくまた図書館に通う時間ができました。

Twitter : sakomakoharu - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む