蔵書は語る@図書館

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)

菅谷 明子

2003年に出版されたこの本。 読み返すたびに目標とするにはあまりに遠い存在であると痛感しますが、光り輝く希望でもあります。

図書館指定なし

触発する図書館―空間が創造力を育てる

大串 夏身

新しい図書館のエッセンスがいっぱい。図書館関係の本でこんなに胸が熱くなる本はなかなかない。 図書館はインスピレーションの源泉となりうる!

図書館指定なし

図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」 (新潮新書)

千野 信浩

プロの記者として長年資料を渉猟してきた著者が語る図書館の使い方。 図書館のキモはどんな資料があるかわからない時「なんとなく」情報がつかめるところだと、ブラウジング機能に言及されています。

図書館指定なし

図書館が教えてくれた発想法

高田 高史

架空の図書館「あかね市立図書館」を舞台に、図書館の人が調べ物をする時につかう、広げる・絞る発想法を伝授。

図書館指定なし

13歳からの反社会学

パオロ・マッツァリーノ

情報の海から真実を見極める術を身につけよう。 書いてあることが真実じゃないんだよ。自分の頭で考えるコツをつかもう。

図書館指定なし

千代田図書館とは何か─新しい公共空間の形成

柳 与志夫

これからの図書館を語るときここは欠かせません。 挑戦し続ける図書館のこれまでの軌跡とこれから。

図書館指定なし

ブックビジネス2.0 - ウェブ時代の新しい本の生態系

岡本 真

「グーテンベルク以来の大発明」となる電子書籍が本と図書館の未来をどう変えるか、多様な執筆陣が未来を見据えています。

図書館指定なし

どうしてアフリカ?どうして図書館?

さくま ゆみこ

どうしてこんなにも図書館にひかれてしまうのでしょうか? それは、いつでも誰でも自由に本を読めるということが、人を、国を変える力になるこを知っているから。

図書館指定なし

図書館 愛書家の楽園

アルベルト・マングェル

来し方の図書館とはなんだったのかを振り返えります。 古今東西の図書館をこの博識な著者と一緒に旅してみましょう。

図書館指定なし

ヒトラーの秘密図書館

ティモシー・ライバック

書棚をみるとその人が判ってしまうというのは本当です。 ヒトラーの図書館に並んでいた彼の痕跡を残す本たち。 それは誰よりも雄弁に彼を語るでしょう。

図書館指定なし

最新版!!図書館マスターガイド

観光ガイドブックとして図書館を紹介。 MapFanWebとコラボし地図情報はQRコードでWebへ。その分たくさんの図書館を紹介が紹介されてます。

図書館指定なし

TOKYO図書館日和

冨澤 良子

紹介された図書館の写真がとってもおしゃれ。 図書館ってこんなにかっこいい空間だったんだ。

ひらめきが欲しい人にオススメ

図書館の書架は何十年も前に出版された本と発売されたばかりの本が仲良く隣に並んでいる不思議な空間。ゆっくりと歩きながら並べられた本たちを眺めていると、いつの間にか今の自分に必要な本が浮かびあがってきます。あぁ、これこれ、こんな本読みたかった、この前ちょっと気になったことが書いてありそう、などなど。
それが図書館マジック。実に不思議。
さあ、内なる声に耳を傾けに、図書館へ行ってみよう。

214人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:4130回、公開:2010/11/13

レシピの感想を書く

書いた人 : tamanekosan.libさん

町の小さな図書館で働いています。

「あなたの町のホームライブラリー」を目指して鋭意努力中です。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む