上級健康を手に入れる三冊

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

いのちの仕組み : 病むことも生きること。

石原克己 著,石原, 克己,

いのちの本質を問う治療家・石原克己氏の初の書き下ろし。伝統医学の理論的基礎の構築を目指し、人体を階層的に捉える【固体場、液体場、気体場、意識場、無意識場】という概念が提唱されている。

図書館指定なし

身体は「わたし」を映す間鏡である : なぜ人は「あたりまえに動ける」のか?

甲野陽紀 著,甲野, 陽紀,

身体技法研究者の甲野陽紀氏の初めての単著。「注意の向け方」のちょっとした工夫で、身体の能力は変わる。22世紀の身体能力獲得法。世界各国に同時配信される国際的な番組「NHK ワールド」で紹介された。

図書館指定なし

なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?

長谷澄夫 著,長谷, 澄夫,

いつでも!どこでも!誰でも!できる〈和整体セルフケア〉を初公開。日々の「手当て」の実践で、自然に、頭蓋骨も脳脊髄液も内蔵も正常に働き、健康は取り戻せる。

上級健康に関心のある人にオススメ

健康に関心の高い日本人。
健康を語った書籍も数多くある。
しかし、健康を哲学にまで高めた本は少ない。
本当の健康とは?
自分から健康の考え方をランクアップし、上級健康に至る道。
一線級の”からだ語り”の本。

3人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:273回、公開:2019/08/25

レシピの感想を書く

書いた人 : キムキムさん

読書家。
本が好きです。
図書館で癒されます。
書籍流通の仕事をしています。

Twitter : nijikimu81 - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む