tamako

tamako

気がつけば、何もかも忘れて、その世界に没頭している。 そんな幸せな時間を与えてくれる本に、これからもたくさん出会いたい、本好きおばちゃん。