1980.12.8 23:00 ジョン・レノンは神に召された

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

ジョン・レノン―永遠なるカリスマ (21世紀に語りつぎたいスーパースター伝説)

ロバート ローセン

1980年12月8日23時、銃声が響き、「ジョンの魂」は永遠になった。時代や国を越境し続ける不朽のカリスマ、ジョン。彼の食欲・性欲・金銭欲、そして最後の日が いま蘇る。

図書館指定なし

ジョン・レノン魂の軌跡

アンソニー エリオット

自らの孤独と傷を受け入れ、乗り越えることで生まれた20世紀最大の天才、ジョン・レノン。セレブリティとしての虚像と神話を脱構築し、真実のジョンにせまる。

図書館指定なし

ジョン・レノンに恋して

シンシア レノン

ジョンの元妻が明かす素顔のジョン。ジョンといえばオノ・ヨーコが真っ先に浮かぶが、その前に一度結婚し息子がいた。ジョンが薬や名声に運命を狂わせる前の貴重な十年を共にした元妻が語る真実の物語。

おやじバンド仲間にオススメ

音楽に興味のない人でも、ビートルズと言えば、ああ・・・とわかる。音楽の教科書にイエスタデイが載っていたのはもうずいぶん前のこと。今はただ一人ポールだけが生き証人になってしまったビートルズ。
音楽はもちろん、ファッションから社会現象まであらゆる場面で若者に影響を与え続けたビートルズ。彼らに心頭した人々の次世代がまた彼らにリスペクトしている。
もう、二度とあのサウンドを聴くことはできない。これほどまでに語り継がれるミュージシャンはこの先現れないだろう。ジョン・レノンは突然にして、その命を奪われた。運命の神様はきまぐれというより、狂気じみたことをなされた。
※この本は、中津川市立図書館の日替わり展示コーナーに展示しています。

5人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:271回、公開:2012/12/08

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む