探偵とお化けの本

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

しゃばけ

畠中 恵

病弱な薬問屋の息子一太郎が手代(じつは妖怪)、屏風(じつは付喪神)、やなり(れっきとした妖怪)とお江戸でおこる不思議や事件を解決します。かわいい妖怪がステキです。

図書館指定なし

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)

神永 学

幽霊が視える赤い目をもった八雲がトラブルメーカー・晴香とともに様々な難事件を解決します。熊と呼ばれる後藤刑事や、周囲の人物も個性的でオモシロイです。

図書館指定なし

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

京極 夏彦

言わずと知れたベストセラーです。神主という副業を持つ古本屋の主人・京極堂が妖怪の関わる事件を解決します。量・質ともに読み応えバッチリです。

図書館指定なし

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)

高里 椎奈

この4冊の中で唯一、探偵役が妖怪の作品です。妖怪の側から人間と妖怪の間に起こる事件を見ていて面白いです。キャラクターもそれぞれ魅力的ですよ。

ミステリ好きとホラー好きにオススメ

ミステリとホラー、探偵とおばけ、科学と超科学
どちらもアリだと思って広い心で読むと楽しい本たちです。
妖怪や幽霊を登場させているのに、時間や物理法則をきちんと守って
推理物として成立させているところがおもしろいです。

9人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:3155回、公開:2012/03/05

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む