KUMATAMAGO

KUMATAMAGO

こんにちは KUMATAMAGOです! 本大好きで、応募もしています。 最近は傑作「ゲームの達人」にはまってます!! 学校の友達には「面白いの?それ??」と言われますが、全力でおすすめします!!

さんの書評2016/09/30

最終巻も気になります!

タラ・ダンカンは金髪の美少女で友達も多いです。
このお話には、恋愛、友情、心の成長などすべてが詰まったお話です。
タラ・ダンカンは人間なのですが、ある日、自分が魔術師だということに気づきます。
そこから、別世界(オートルモンド)に移り住み、同じ魔術師の仲間たちと魔法ギャング団を結成し、
宿敵、マジスターとの闘いや、マジスターに幼いころさらわれ、育てられたタラの兄弟達とのすれ違い。
黒い女王の侵略、そして、ロバン、カルとの恋愛、このたくさん出てきた、タラ・ダンカンシリーズの中ではこれまで、
たくさんのことがありました。時には大切なひとを失い、出会い、慰められ、そうした出来事のなかで、タラ達、
魔法ギャング団は成長し、助け合うことを学びます。
仮面をかぶった宿敵、マジスターの正体は?そして壊れかけていた恋愛は再出発点に立つのか、
友情を守り続けられるのか、最終巻の上下は一字一句見逃さずに読めば、文字の先に隠されたものが
見えるかもしれません。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!