2013年私の10冊

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

盛岡さわや書店奮戦記―出版人に聞く〈2〉 (出版人に聞く 2)

伊藤 清彦

伝説の書店員、伊藤さんの本と共に歩んだ半生。良き時代の書店の姿を南相馬図書館に見、来春開館を一関市図書館副館長をお務めに。

図書館指定なし

ユーミンの罪 (講談社現代新書)

酒井 順子

「ユーミンとは、女の業の肯定である。」

図書館指定なし

都市を冷やすフラクタル日除け―面白くなくちゃ科学じゃない (気象ブックス)

酒井 敏

京都大学らしさが良く分かる。多様性について考えさせられる。

図書館指定なし

原発を止めた町 新装版――三重・芦浜原発三十七年の闘い

北村博司 著

三重県芦浜に原発ができようとしていた。当時の紀勢町(現大紀町)、南島町(現南伊勢町)の様子を描く。

図書館指定なし

地域と図書館―図書館の未来のために

渡部 幹雄

図書館側の著者が、厳しく図書館側を指摘。

図書館指定なし

和紙の里 探訪記

菊地正浩

日本にはこんなにたくさんの和紙の里があることを知る。

図書館指定なし

明日をひらく図書館: 長野の実践と挑戦

宮下 明彦

県立図書館予算2億円、それに見合う図書館サービスを県民は享受しているか。公共図書館は知の消費から知を育むへ、伊奈。住民に使われる図書館、下條。

図書館指定なし

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

門田 隆将

日本が3分割されたかもしれない瀬戸際で戦った人々の物語。吉田さんのご冥福をお祈りします。

図書館指定なし

図書館森時代!―人に役立ち、地域に貢献し、地球を救う (コミュニティ・ブックス)

草谷 桂子

図書館利用者運動にかかわる方々の様子を描いた本。受け継いでいかないと。

図書館指定なし

アップル 驚異のエクスペリエンス

カーマイン・ガロ

「シンプルでリッチかつ人間中心のMacintosh体験」を「シンプルでリッチかつ人間中心の図書館体験」に置き換えると、図書館は本という物を提供するのではなく、五感を使った体験を提供する場所。

2013年を振り返る人にオススメ

2013年の漢字は「輪」、今年も色んなことがありました。
これは「ほんの一言」 https://www.facebook.com/groups/224058864331963/ の「今年読んだ良かった本ベスト10!!」に賛同して作成したものです。

11人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:1213回、公開:2013/12/20

レシピの感想を書く

書いた人 : ふむさん

カーリルで図書館行く機会が増えました。
まず自分が読みたい本を買う前に、自分がいける範囲のどの図書館にあるか分かって、貸出中なら予約できて、行けば確実に手に取れる、これが図書館普及にとても有効だと思います。
足を運ぶうちにいろいろ興味を覚え、武雄市図書館問題に首をつっこむ始末。

Twitter : fmht7 - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む