水木サン、目玉のおやじになって帰ってきてよ。

を探しています ⇒変更する

ゲゲゲの女房

武良 布枝

 布枝婦人と水木サンはお見合いから5日後に結婚、そして上京。NHKの朝ドラで、その生活をご存知の方も多いでしょう。  しかしドラマでは描き切れなかった奥様の水木サンへの愛情が行間ににじむ1冊です。 

水木しげる: 鬼太郎、戦争、そして人生 (とんぼの本)

水木 しげる

 大見栄をを切る鬼太郎。  そして目玉のおやじ。  もうこれだけで, 水木サンファンならこたえられない1冊。  またサブタイトルの「鬼太郎、戦争、そして人生」が心にしみる・・・。  読んでください。

ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘

水木 悦子

 三人の漫画家さんの各々の娘さんが「ゲゲゲ、レレレ、ららら」と愛するお父さんを語ります。三人三様の「あるある」または「いや、ウチではね...」「あのキャラクターのモデルは私?」楽しい会話が弾みます。

水木しげるの妖怪なぞなぞめくり―家の中の巻

水木 しげる

 汚い雑巾をほったらかしにしたり、おふろ場がヌルヌルしてると、妖怪に狙われるぞ。  妖怪に会いたいから、このままにしておこうなんて考えないで、お掃除しましょう。  なぞなぞには何問答えられるかな?  

妖怪大戦争 (水木しげるのおばけ学校 9)

水木 しげる

 鬼太郎や子なきじじい、すなかけばばあたちが、西洋の妖怪たちと戦うぞ。  相手の妖怪はどんなやつ?  今回も、ねずみ男は敵?味方?  目玉のお父さんも大活躍するよ!  

水木しげるの妖怪なぞなぞめくり―山里の巻

水木 しげる

 急にお腹が減って動けない。  川のほとりで、しょきしょきと不思議な音が聞こえるぞ。  どんな妖怪のしわざかな?  水木サンのオールカラーのイラストが冴え、妖怪の正体の解説も楽しい、なぞなぞの本。  

水木先生を愛するすべての方へ。にオススメ

 最初はテレビアニメの鬼太郎から入って、墓場の鬼太郎に、河童の三平、悪魔くんと、水木しげるワールドに、はまっていった方も多いでしょう。
 実は、私もそのひとりです。
 また、総員玉砕せよ!では教科書では習わなかった、戦争の中にいる人の生の声が響いてくる感覚と、密度の高い戦場の描写とに圧倒され、何度も読み返しました。
 水木サンもご高齢、いつかお別れの日が来るとは覚悟ていましたが、ついにその日が来てしまいました。
 水木サンを偲びつつ、その作品を手に取る、小春日和の朝です。
 水木サン、ありがとう!
 水木サン、大好き!

4人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:821回、公開:2015/12/02

レシピの感想を書く

もっとレシピを読む