STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!
グリュベルク

グリュベルク

本は時々読みたくなる時があって、その時を見計らって読んでます。 図書館には何か読みたい本は無いかなぁ…って、時々目当ての本無しに足を運ぶ事もあります。

@norlie123

合計スタンプポイント:9pt

ボーナスポイント

初スタンプポイント 5pt x 1

東部図書館より蔵書が多く、読みたい本を目的無く探す時に利用してます。
狭いけど、私が一番利用してる馴染みの図書館です。
無料駐車場がゆったり!館内も綺麗に整頓されてて快適。
こじんまりとしてて、凄く静かな図書館でした。

スタンプを10個以上を集めよう!スタンプがマップに表示されます。

さんのコメント2019/01/28

中日ドラゴンズの主力選手である平田選手の生い立ちと、野球を始め、色々な趣味とのかかわりについて語られている。自然体で臨む事が彼には合っていて、仕事である野球にもそのスタイルで臨んで結果を出しているという。写真がふんだんに盛り込まれ、彼のファンなら満足の一冊になるだろう。

さんのコメント2019/01/23

ドラゴンズファンである私は当時、この試合をテレビ中継で観戦し、無策なうちに敗れた事に対して怒り心頭だった。あれから四半世紀が経ち、この本を読むと、両チームの監督や選手、関係者がどういう心境で戦いに臨んだのかが詳細に聞き取りされており、世紀の決戦に臨む男達が織りなす心理的・肉体的な真剣勝負を克明に著している。巨人、中日両ファンに限らず、プロ野球ファンなら是非読んでおきたい一冊である。

さんのコメント2019/01/10

老後の生活資金を自力で確保しなければならない時代が目前に迫り、現役のうちに資金を運用して増やすことの重要性を説いている。そのための最適な手段としてイデコを挙げている。取っつき難く、二の足を踏んでる人も多いだろうが、この本を読めば、沢山ある選択肢を絞り込んで単純に臨む事が出来る。これからイデコを始めたいけど、取っ掛かりで迷ってる人には、良いアドバイスを得られる本だと考える。

さんのコメント2018/09/09

長年に亘り、コーチとしてプロ野球チームに携わってきた著者が、個々の選手やチームに対しどう接してきたのかが詳細に語られてる。若手選手はまずしっかり見て、個性を把握する事。ベテラン選手には持てる能力を最大限に発揮出来る環境を用意する事など。巨人V9時代を参考にしたチーム作りをした黄金期ライオンズを参考にし、ここ数年低迷するドラゴンズを再生すべく、逆襲して欲しいと私は願う。

さんのコメント2018/08/08

仕事が早い人と遅い人を、50の習慣で対比しながら、どうして前者の習慣が良いのか、理由に触れている。私自身、おおよそ仕事が早い人の習慣を持ち合わせているようだが、欠けている面も散見され、それに対して「まずはやってみよう」と決意した。自分にどんな習慣が欠けているのか、気付かせてくれる本であった。

さんのコメント2018/07/22

欧米でのマネジャーの概念と、日本でのマネージャーのイメージにはかなりの乖離があり、この同じ言葉をコラボさせて物語を作る、っていう発想にまず驚いた。弱小チームが強くなっていく展開は「スクールウォーズ」に近い物があるが、そちらは精神論が表立ってるのに対し、こちらは理路整然とした理論が表立ってる所が面白い。随所にドラッカーの一節が挿入され、話の展開が巧みで、いつの間にか物語にのめりこんで読破してる…野球好きだけでなく、知らない人も肩の力を抜いて楽しめる作品です。

さんのコメント2016/10/02

起床してから就寝するまでの1日の理想的な生活パターンを、分かり易い解説付きで紹介しており、簡単に生活に取り入れられる事柄が多く、逆に避けた方がよい行動も紹介されてて、実践的で役立つ情報が得られる一冊です。

さんのコメント2016/06/22

レーシックなどの矯正手術に走る前に一度読む価値はある。視力のトラブルが酸素不足に由来するという考え方は根本的な対策に繋がりそう。示されている対策法もそれほど難しくない。やってみようという気持ちがあれば続けられる。

さんのコメント2016/06/22

各シチュエーションは日常生活においてよく見かけるものであり、内容も一度読んだだけで頭に入るほど平易で読みやすい。日常生活における観察眼を養うのに役立ちそう。ただ、推敲が甘く、Q02、Q34、Q48の解説がおかしくて頭が混乱する。