ゆっくりさん

ゆっくりさん

時代小説、食べ物系のお話が好きです。

さんの書評2019/12/02

人情料理ばなし

わん屋2巻目。3巻目かと思ったらまだ2巻目でした。子供が生まれたからかな?人情たっぷり、料理たっぷりです。江戸のお雑煮、巌玉子、寒鰤の照り焼き、鯛のあら煮、円天うどん、穴子の二種揚げ、中津川芋の芋田楽、鯛皮と三河島菜の胡麻和え、筍ご飯と山菜のちらし、田螺の木の芽和え、海老のうま煮、稲荷寿司、太巻き、韮入り玉子雑炊、炒めご飯、曼荼羅揚げ、かき揚げ丼、茄子焼、穴子と海老の二身焼き、穴子と炒り玉子の餡かけと手間暇かけたお料理が並びます。中でも今回は揚げ物に胃袋を掴まれました。特に野菜のかき揚げ。もう美味しそうで堪りません。真造さんの妹とおみねさんの弟が結婚すると親戚が増えない気もしますが、昔はは多かったんでしょうかね。あまりにも身内過ぎてびっくりポンでした。おみねさんの実家の三峰大権現の宿坊料理をもっと詳しく読んでみたいと思います。文佐さんの修業前と修業後のヴァリエーションの広がりをスピンオフで書いてもらいたいと思います。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2019/12/02

江戸時代にタイムスリップしてみたい。

5巻目。なかなか進展しないお妙さんと忠次郎にもやっと進展が!?もどかしい。早く次巻でないでしょうか。さて、お料理は巻を進むごとに腕が上がっています。蕪と山芋の粥、塩鰯、蕗の葉の佃煮、分葱の酢味噌和え、筍尽くし(豆腐と筍のうま煮、木の芽味噌の三種和え、丸汁、筍羮、目張と筍の煮付け、筍ご飯、)、独活の醤油漬け、蕪の海老そぼろあんかけ、小松菜のすり流し、蓴菜の茶碗蒸し、蓬餅、醤油と鰹節の焼きおにぎり、隠元の胡麻和え、白瓜の浅漬け、白瓜の冷汁、蔓紫と小海老のかき揚げ、小茄子の蓼漬け、鰯の煮鱠、雷干しの三杯酢和え、蛸の湯引き、新生姜飯、翡翠茄子、炒り豆の紅生姜揚げ、水晶豆腐のすまし汁、鰻のちらし寿司、南瓜の胡麻味噌和え、人参と京菜の白あえ、かすてら玉子、無花果の田楽、蓮餅の餡掛け、常節のうま煮、高野豆腐の卵とじ、小松菜の浸し物、葉唐辛子の佃煮、秋刀魚のつくね鍋。肴してもご飯としても最高です。只次郎もご隠居衆も旨そうに飲むんです。江戸時代にタイムスリップしてみたい。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2019/11/18

人情料理ばなし

わん屋2巻目。3巻目かと思ったらまだ2巻目でした。子供が生まれたからかな?人情たっぷり、料理たっぷりです。江戸のお雑煮、巌玉子、寒鰤の照り焼き、鯛のあら煮、円天うどん、穴子の二種揚げ、中津川芋の芋田楽、鯛皮と三河島菜の胡麻和え、筍ご飯と山菜のちらし、田螺の木の芽和え、海老のうま煮、稲荷寿司、太巻き、韮入り玉子雑炊、炒めご飯、曼荼羅揚げ、かき揚げ丼、茄子焼、穴子と海老の二身焼き、穴子と炒り玉子の餡かけと手間暇かけたお料理が並びます。中でも今回は揚げ物に胃袋を掴まれました。特に野菜のかき揚げ。もう美味しそうで堪りません。真造さんの妹とおみねさんの弟が結婚すると親戚が増えない気もしますが、昔はは多かったんでしょうかね。あまりにも身内過ぎてびっくりポンでした。おみねさんの実家の三峰大権現の宿坊料理をもっと詳しく読んでみたいと思います。文佐さんの修業前と修業後のヴァリエーションの広がりをスピンオフで書いてもらいたいと思います。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2019/11/13

いよいよ最終巻です。

いよいよ最終巻です。間が少し空いたので、詳細を思い出すのに時間がかかりましたが面白かったし嬉しくなりました。なんだか続きが気になりますが、一旦ここで終わるのもいいかなとも思います。前半葵ちゃんの料理が少なくて大旦那さんを助けるお話がメインですが、後半はたっぷりと登場して安心しました。小倉クリームの生どら焼き、栗蒸し羊羹、お弁当(梅風味の豚ロースの生姜焼き、葱入り卵焼き、小松菜のお浸し)、菜の花と卵のカリカリベーコンサラダ、春キャベツのポタージュ、ハヤシライス、天神地獄蒸しプリン、和風オムレツ、牛蒡天と新玉と春菊のかき揚げうどん、いちごスイーツビュッフェ、きつねうどん、金と銀の生どら焼き等々。スイーツ系が多かったかな。お涼と暁の朝食はいつも美味しそうですが、今回も外れず美味しそうなうどんです。銀次さんはやっぱりきつねうどんなんだなあ。ハヤシライスの描写が美味しそうで美味しそうで、今週末はハヤシライスだ!ときめました。たっぷり玉ねぎを入れて作ろうと思います。カリカリベーコンのサラダもいいですよね。あるになったら、新キャベツのポタージュ作ってみよう。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんのコメント2019/12/04

吉原の料理版(菓子専門)というとても興味のあった小説です。面白かったです。吉原の時間の流れや風習、習慣、働き手の役割など簡単ですが説明があって料理とお菓子と人間関係に上手く絡み合っていたと思います。太佑のお菓子も美味しそうですが、その他の料理番伊平次、末吉、勘助の料理をもっと出して欲しい。と思いますが、あくまで吉原のお菓子料理人の話なので今ぐらいが丁度いいと分かっています。太佑の作る菓子はカステイラ、きんつば、牡丹餅、かりんとう、梅の花栗羊羹、定番の小豆餡と昔からある懐かしいお菓子です。丁寧な描写ですが、くどくないのでさらに美味しそうに感じられます。最後の朝顔の飴細工とメレンゲクッキー?は見てみたいです。徳之進や龍ノ井関のキャラクターも良く、満足の1冊でした。ドラマ化して欲しいな。

さんのコメント2019/11/29

久しぶりに読んだので、感覚を忘れていましたが読み進めると思い出してきました。月子さんも星菜ちゃんもいい人なので癒されます。そして、1冊目よりも料理とお酒の描写が格段に上がっている気がします。面白いです。今回は日本酒よりですが、日本酒好きの私には堪らない内容でした。ウマズラの肝和え刺身、利き酒おつまみ(味噌田楽、うどん)、料亭での肴(お通し3点(奴、うるめ、たたみいわし))、1人のみ(ジンギスカン、熱燗の利き酒)、京都のおばんざい(バターソテーのホタテ入りポテトサラダ、九条ネギのてっぱい、生麩のお刺身、肉じゃが、角煮)、大江戸大江戸和宴(日本酒の飲み比べ、わさび蕎麦、白子鍋、鮎の塩焼き)と丁寧にお酒との相性を描写されていて、本当に楽しい1冊でした。イベントも実際に開催されているようで来年行ってみたいなと思います。

さんのコメント2019/11/28

話の展開、個々のキャラも良く楽しく読めました。料理の描写は少し少なめですが、ひつこくなく美味しさが伝わってきました。初めはなんだかよくある展開。と思いながら読むのですが、全体的に主人公の主張も程よく、気持ちよく読み終えることが出来ます。味噌焼きおにぎり、(山菜の天ぷら、ふきのそぼろ煮、菜の花のお浸し、筍ご飯)セット、ミラノ風カツレツ、豆腐ハンバーグ、花見弁当、夏野菜カレー、あごだしの明太子パスタ、カニカマの中華粥、トマトとたまごの中華スープ、もやしのナムル、夏バテご膳(薬味素麺、肉巻きおにぎり、たっぷり夏野菜の煮びたし)、月見ご膳(ミニ月見うどん、茸の炊き込みご飯、ごぼうとレンコンのきんぴら、白玉栗ぜんざい)、はらこ飯と結構豊富です。お話が優しいのでどのお料理も優しい味なんだろうなとあったかくなります。

さんのコメント2019/11/21

表紙で読みたいと思っていた本ですが表紙と主人公のギャップに驚きました。雄也さんと和豆さん、園子ちゃんはとても好きなキャラです。雄也さんの作る朝食は優しくあったかくて食べてみたいと思います。西洋風卵焼き、明太子の出汁巻き卵、つみれ団子の煮物、香りゴボウと牛肉の甘辛おにぎり、ほうじ茶の茶粥、卵浸しパンどれも食べてみたいです。和豆さんのお茶請けの三笠焼、梅シロップの炭酸割り、冷緑茶も好きです。そして、この3人は心が広いというか懐が深いというか、詩織ちゃんの行動を大きく包み込んでフォローしてくれます。私にはきっとできないです。おそらく、関わらないように距離をとってしまうかと。3人のような人になりたいと思いながら読み進めました。

さんのコメント2019/11/20

ローカルごはん2弾目。今回も空腹で読むにはきついです。神奈川から始まり長野、宮城、福島、宮崎、鹿児島、高知、滋賀、台湾と魅力的なローカルごはんがこんなにあるとは!と発見の連続です。神奈川のヨコスカネイビーバーガー、シロコロホルモンに心を奪われたときから危険な旅が始まっていました。宮崎、鹿児島、高知はどストライクでチキン南蛮と炭火焼、きびなご鮨にカツオの塩たたき、田舎寿司と堪りません。耐え難い衝動にかられます。長野のおやきもいいです。種類の豊富さもさることながら手軽さがいいです。茨木、福島のめひかりの唐揚げもビールの肴に堪らないだろうなと。近江ちゃんぽんもかー!となります。思い出しただけでもお腹が空きます。日本人でありながら全然知らない食べ物があるれていることにわくわくしました。これから、旅行に行くときはもっとローカルご飯を調べて行ってみようとおもいます。旅行が楽しみだ。

さんのコメント2019/11/13

ローカルご飯のタイトルに惹かれて読んでみました。この本はやばいです。どれも、これも美味しそう。近場から攻めてみようかと思うぐらい面白かったです。ほぼローカルご飯でちょこっと観光っていうのがいいです。静岡、愛知、和歌山にはいくべきだ!2泊3日ぐらいでシティホテルとっていってみようかな。長期の休みが取れたら東北、九州はゆっくり行ってみたいところです。ペーパードライバーなので、まずは教習通いから始めないと厳しいかもなぁ。美味しいローカルご飯はやっぱり車があった方が便利そうですね。激しく和歌山ラーメン食べたい!めはり寿司と共に!!愛知の手羽先の唐揚げも有名ですが食べたことがなくて、TVで紹介されるたびに本場で食べたいという衝動に駆られるます。問題はもう一つ、私が小食だということです。大食いの知り合いもいないため、かなり絞っていかないと食べられないかもしれない。

さんのコメント2019/11/13

如月庵2冊目です。今回は料理の数も増えました。梅乃ちゃんも部屋係として頑張り従業員の方たちもやっぱりいい人たちです。一押し杉治さんの登場が多くなり嬉しい限りです。心遣いも最高です。江戸名物揚げ饅頭、甘辛こっくり子持ち鰈の煮付け、冬瓜とにんじんのあっさりかつお出汁の煮物、かつおの酒盗、青菜の白和、豆味噌冷奴、卯の花、豆腐尽、豆腐田楽、高野豆腐の煮物、うち豆腐、めばるの煮付け、小芋の煮っ転がし、早採り丸ナスの浅漬け等々、登場数が増えてます。このほかにも青菜の煮びたしや汁物も登場します。お話も一冊を通じて解決する本筋と短編がうまい具合に絡み合って、淡々とした書き方がいいのかもしれませんが読み終わりはすっきりした感覚になります。まだ、この宿の謎がありそうなので続きが楽しみです。

さんのコメント2019/11/12

気になっていたシリーズです。宿なので登場人物も程ほど登場し、こんがらがった時もありましたが全体的には淡々と終わった感じです。板前の杉治さんの作る料理に愛を感じます。宿泊客はもちろん従業員への気遣いが料理に込められていてもっと登場させてほしい!と思いました。炙りわかめご飯と卵のお汁の夜食、持ち込みめざしの炙り、麦飯とろろの朝食、走りさわらの粕漬け、黄身の味噌漬け黄金卵、酒粕の炭火炙り、餡いっぱいのぷっくり柏餅、金目鯛の甘辛こっくり煮魚朝食、旬の鮎の塩焼き、干したへちまの酢の物等々、調理工程も描写されているので思わずお腹の虫が騒ぎ出しました。ご飯メインの客にはそれに合った料理と味付けを、お酒を楽しむ客には肴から締めまで体を気遣った献立で羨ましい限りです。従業員の方々も宿泊客をよくみて対応している素敵なお宿でした。

さんのコメント2019/11/01

5巻目。沙耶さんと月也さんのラブラブが止まりません。沙耶さんの料理もちょっとひと手間に愛情を感じます。生大根の覚弥、目黒茄子の味噌汁、深川鰻の煮物、バカガイの深川飯、豆腐の醤油ごま油がけ、秋刀魚のなめろう、秋刀魚の出汁の味噌汁、吉原卵、中野の蕎麦、鰻鍋、上方朝食(塩鰤、漬け物)、鰻鍋と美味しそうな品々が登場します。レギュラー陣も沙耶さんを一途に応援し心強い感じです。月也さんもやっぱり頼りないようでしっかり頼もしくなっています。心根の優しい人なので沙耶さんの気づかないところで町人への配慮を指摘し、素敵です。そしてお話は続きます。次早く出ないかな。

さんのコメント2019/10/30

初読み作家さん。食堂のお話ですが、食堂の娘さんとぶっ飛んだ大会社の社長さんとのラブコメが主で料理の描写は少なめですが、丁寧に描写されていたどれも美味しそうです。題名にある大人気の揚げ出し定食、メンチカツ、とんかつ鯖の味噌煮、唐揚げ、野菜のかき揚げとど定番の定食ですが飽きの来ない一番の家庭料理の味を目指す素敵なお店です。肉味噌豆腐の小鉢の追加は嬉しい。大会社の玲一さんの作るお豆腐料理も凄いです。肴好き的にはこちらに軍配が上がりますが、描写が少なく残念です。湯豆腐、豆腐ステーキ、豆腐チャンプル、白和え、豆腐プリン等々。最後が駆け足で終わってしまってちょっと残念ですが、面白かったです。