『零度のエクリチュール』(れいどのエクリチュール、Le Degré zéro de l'écriture)は、1953年フランス哲学者文学理論ロラン・バルトにより著された研究書である。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
零度のエクリチュール 新版
ロラン・バルト/石川 美子
エクリチュールの零(ゼロ)度 (ちくま学芸文庫)
ロラン バルト/Barthes,Roland/和夫, 森本/好雄, 林
ロラン・バルト モード論集 (ちくま学芸文庫)
ロラン バルト/Barthes,Roland/登世子, 山田
物語の構造分析
ロラン・バルト/花輪 光
消しゴム (光文社古典新訳文庫)
アラン ロブ=グリエ/Robbe‐Grillet,Alain/省平, 中条
ロラン・バルト : エクリチュールの欲望
Ungar,Steven/著 千葉文夫/翻訳 アンガースティーヴン/著
文学のユートピア : 1942-1954
Barthes,Roland/著 渡辺諒/翻訳 バルトロラン/著
ロラン・バルト伝
Calvet,LouisJean/著 花輪光/翻訳 カルヴェL.J./著