鎌倉遺文(かまくらいぶん)とは、鎌倉時代古文書の網羅を目指して編集された史料集。竹内理三編。古文書編42巻、補遺4巻、索引編5巻。東京堂出版刊。竹内がほぼ独力で昭和46年(1971年)から平成7年(1995年)の25年をかけて編纂した。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
鎌倉遺文研究 52
鎌倉遺文研究会 著・文・その他,鎌倉遺文研究会,
鎌倉遺文
鎌倉遺文研究會編
鎌倉遺文
鎌倉遺文研究會編