配偶者居住権(はいぐうしゃきょじゅうけん)とは、被相続人配偶者相続開始時に被相続人が所有する、もしくは被相続人と配偶者が共有する建物居住していた場合、一定の要件を充たすと終身または一定期間その建物を無償で使用および収益することができる権利であり、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)の成立による相続法改正の中で創設された権利の一つである。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
Q&A 実例から学ぶ 配偶者居住権のすべて
大塚 政仁/平田 康治/高橋 安志
配偶者居住権の新設等 改正相続法への対応と実務Q&A
弁護士法人Y&P法律事務所/税理士法人山田&パートナーズ
図解ポケット 最新 相続・贈与の法律がよくわかる本
相続・贈与の法律実務研究会/オフィスイイダ/三木邦裕/オフィスイイダ