赤壁賦(せきへきのふ)は、北宋蘇軾が、1082(元豊5)年、烏台詩案にかかる流罪の地、黄州(湖北省黄岡市黄州区)に在って作った前後2篇の賦。よって、『前赤壁賦』、『後赤壁賦』と分けて称せられることもある。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
古文真宝
星川清孝/著 柚木利博/著
蘇東坡
合山究/翻訳 林語堂/著
虎狼の企み 剣客奉行 柳生久通4
藤水名子/著 はぎのたえこ/イラスト