STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!

『貞信公記』(ていしんこうき)は、関白太政大臣藤原忠平日記。日記の名称は忠平の諡号「貞信公」に因んだもので、『貞信公御記』ともいう。10世紀前半の政治史を知るうえでの基本史料で、朝廷儀礼や政務に関する記述が多く見られる。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
大日本古記録 九暦
東京大学史料編纂所/著 藤原師輔/著 東大史料編纂所/著
新注古事談
浅見和彦/編 伊東玉美/編
1900~1999 韓国仏教100年 朝鮮・韓国仏教史図録
金光植/編 東アジア仏教運動史研究会/訳