記号学(きごうがく、semiology)または記号論(きごうろん、英: semiotics)とは、記号に関連する学問分野である。記号学(セミオロジー)は、フェルディナン・ド・ソシュールの記号の二区分(表現面(シニフィアン)、内容面(シニフィエ)に基づき、記号が他者にどのような影響を与えるかについて体系的に述べる分野を言う。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
記号学とは何か―メッセージと信号
ルイ・J. プリエート/Prieto,Luis J./圭三郎, 丸山
他者の記号学 〈新装版〉: アメリカ大陸の征服 (叢書・ウニベルシタス)
ツヴェタン トドロフ/Todorov,Tzvetan/馥, 及川/尚文, 大谷/良夫, 菊地