純粋法学(じゅんすいほうがく、Reine Rechtslehre)とは、ハンス・ケルゼン1881年 - 1973年)が提起した法理論上の立場であり、ケルゼンによれば法実証主義の発展形である。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
撤退論 歴史のパラダイム転換にむけて (犀の教室)
内田樹 編/堀田新五郎/斎藤幸平/白井聡/中田考/岩田健太郎/青木真兵/後藤正文/想田和弘/渡邉格/渡邉麻里子/平田オリザ/仲野徹/三砂ちづる/兪炳匡/平川克美
純粋法学
ハンス・ケルゼン/著 長尾龍一/翻訳