『狂気の歴史』(きょうきのれきし、Histoire de la folie à l'âge classique)とは、西欧の歴史において狂気を扱った文化と法律、政治、哲学、思想、制度、芸術そして医学などにおける、狂気の意味の展開の考察であり―そして歴史の理念及び歴史学研究法の理念の批判である、ミシェル・フーコー1961年の著作である。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
狂気の歴史<新装版>: 古典主義時代における
Foucault,Michel/フーコー,ミシェル/俶, 田村
フーコー・コレクション〈1〉狂気・理性 (ちくま学芸文庫)
ミシェル フーコー/康夫, 小林/寿輝, 松浦/英敬, 石田/Foucault,Michel
有限性の後で: 偶然性の必然性についての試論
カンタン メイヤスー/Meillassoux,Quentin/雅也, 千葉/完太郎, 大橋/太, 星野