源 義経(みなもと の よしつね、源義經)は、平安時代末期の武将鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝は異母兄。仮名は九郎、実名は義經(義経)である。河内源氏の源義朝の九男として生まれ、幼名をと呼ばれた。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す