歎異抄 » 『歎異抄』(たんにしょう)は、鎌倉時代後期に書かれた日本仏教書である。作者は、親鸞に師事した河和田の唯円とされる。書名は、親鸞滅後に浄土真宗の教団内に湧き上がった親鸞の真信に違う異義・異端を嘆いたものである。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
歎異抄ってなんだろう
高森光晴/大見滋紀/高森顕徹
マンガ歎異抄をひらく
和田清人/太田寿/伊藤健太郎/「歎異抄をひらく」映画製作委員会
歎異抄 (まんが学術文庫)
唯円(親鸞 述)/Team バンミカス