栄養学(えいようがく)とは、食事食品、その成分である栄養素がどのように生物の中で利用されたり影響しているかを研究する、栄養に関する学問である。1910年代、日本での栄養学の創設期には、食品に含まれる栄養成分の分析や、「何を、いつ、どのくらい」食べたらいいのかを研究した。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
WHOLE がんとあらゆる生活習慣病を予防する最先端栄養学
T.コリン.キャンベル ハワード.ジェイコブソン/鈴木晴恵/丸山清志