日光脇往還(にっこうわきおうかん)は、江戸時代鴻巣の追分まで、中山道と街道を同じくし、ここで分岐し袋村(埼玉県吹上町)・行田・上新郷(埼玉県羽生市)・利根川を川俣の渡しで越え、館林・佐野・栃木・今市と経て日光街道に合流する街道である。

出典:Wikipedia

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます
エリアを選ぶ   現在地から探す