日本の戦後改革 » 日本の戦後改革(にほんのせんごかいかく)では、1945年昭和20年)に日本大日本帝国)が第二次世界大戦に敗れた後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQあるいは「進駐軍」と呼ばれ、稀にSCAPとも)およびその圧力の元で日本国政府により行われた一連の民主化、自由化改革について述べる。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す