感覚(かんかく)○ 生理学としては、分類された知覚にあたる。分類されたそれぞれの感覚とその作用分類の方法、理論は様々な分野で重なって研究されている。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
フランシス・ベーコン 感覚の論理学: 感覚の論理学
ジル ドゥルーズ/Deleuze,Gilles/邦一, 宇野
吐き気―ある強烈な感覚の理論と歴史 (叢書・ウニベルシタス)
ヴィンフリート メニングハウス/Menninghaus,Winfried/義和, 竹峰/ゆり, 知野/俊行, 由比
植物は〈知性〉をもっている 20の感覚で思考する生命システム
ステファノ・マンクーゾ/アレッサンドラ・ヴィオラ/マイケル・ポーラン/久保 耕司
乳幼児期の感覚統合遊び
高畑 脩平・田中 佳子・大久保 めぐみ編著/加藤 寿宏
我感ずる、ゆえに我あり——内受容感覚の神経解剖学
A・D・(バド) クレイグ/大平 英樹/花本 知子