STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!

建治三年記(けんじさんねんき)は鎌倉時代の史料。筆者は評定衆問注所執事を担当した太田康有。記述は建治3年(1277年)の1年間のうち、68日のみしかないが、史料として貴重視されている。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
続史料大成 建治三年記
三善康有/著 太田時連/著 斎藤基恒/著 斎藤親基/著 竹内理三/著 蜷川親元/著
勘仲記
中込律子/著 広橋兼仲/著 櫻井彦/著 遠藤珠紀/著 高橋秀樹/著
北条時宗
川添昭二/著 日本歴史学会/著