坂口安吾は純文学だけでは無く、歴史小説推理小説文芸、時代風俗から古代まで広範な歴史における題材を扱った随筆や、フランス文学翻訳出版、囲碁将棋におけるタイトル戦の観戦記など、多彩な活動をした一方で気まぐれに途中で放棄された未完、未発表の作品も多く、小説家としての観点からはけっして「器用な」小説家とはいえないが、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格とが吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す