反社会学講座 » 『反社会学講座』(はんしゃかいがくこうざ)は、イースト・プレスより2004年に出版された、パオロ・マッツァリーノの著書である。現在の社会学は社会学者が私憤のはけ口として、また彼らの都合のよい稼ぎ口として使われていること、そして、社会学を利用したセンセーショナルな報道の多くは理由なく社会不安をあおるものである、ということを主題とし、それら現在の社会学をパロディーとすることで批判した書である。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
反社会学の不埒な研究報告
パオロ・マッツァリーノ