反応速度論(はんのうそくどろん、chemical kinetics)とは反応進行度の時間変化(速度)に関する物理化学の一分野である。物体の速度を扱う力学との類推で、かつては化学動力学と呼ばれていた。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
基礎系 化学 物理化学II 化学反応論 (東京大学工学教程)
水野 哲孝/山口 和也/堂免 一成/東京大学工学教程編纂委員会