保険法(ほけんほう、平成20年6月6日法律第56号)は、保険契約の成立・効力・履行・終了(共済契約を含む)の一般について定めた、日本法律である。平成22年4月1日施行。従来、商法第2編旧第10章保険(陸上保険)および第3編第6章保険(海上保険)の総称として、「保険法」の呼称が用いられてきたが、この法律は、保険法の口語化・現代化を目的に、陸上保険に関して商法から独立した単行法典として制定されたものである(海上保険に関する規定は現在も商法内にあり、これは商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律(平成30年5月25日法律第29号)により商法が改正された後も同様である。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
保険法 第4版 (有斐閣アルマ > Specialized)
山下 友信/竹濱 修/洲崎 博史/山本 哲生
論点体系 保険法1
山下友信/永沢 徹
ポイントレクチャー保険法〔第3版〕
公人, 甘利/弥夫, 福田/聡, 遠山