「一房の葡萄」(ひとふさのぶどう)は、有島武郎による小説(童話)。雑誌『赤い鳥1920年大正9年)8月号に掲載された。その後、本作を表題作として全4篇を収録した単行本『一房の葡萄』が1922年(大正11年)に叢文閣より刊行された。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
小僧の神様・一房の葡萄 (21世紀版・少年少女日本文学館5)
志賀 直哉/武者小路 実篤/有島 武郎/太田 大八
小僧の神様 一房の葡萄
志賀直哉/著 有島武郎/著 武者小路実篤/著