ミクロ経済学(ミクロけいざいがく、Microeconomics)は、マクロ経済学に並ぶ近代経済学の主要な一分野である。経済主体の最小単位と定義する家計(消費者)、企業(生産者)、それらが経済的な取引を行う市場をその分析対象とし、世の中に存在する希少な資源の配分について研究する経済学の研究領域であり、最小単位の経済主体の行動を扱うためミクロ経済学と呼ばれる。

出典:Wikipedia

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます
エリアを選ぶ   現在地から探す