『パルムの僧院』(パルムのそういん、La Chartreuse de Parme)は、『赤と黒』と並ぶスタンダールの代表作の小説1839年出版。この小説はしばしば、当時主流だったロマン主義とは180度違う、リアリズム文学の初期の一例として挙げられ、多くの文学者たちがこの作品を影響力の強い作品だと考えている。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
なぜ古典を読むのか (河出文庫)
イタロ・カルヴィーノ/須賀 敦子
武器よさらば (新潮文庫)
アーネスト ヘミングウェイ/Hemingway,Ernest/浩, 高見
赤と黒(上) (新潮文庫)
スタンダール/正, 小林
パルムの僧院 上
スタンダール/著 生島遼一/翻訳
パルムの僧院 下
スタンダール/著 生島遼一/翻訳