ハプスブルク家の紋章である双頭の鷲(右)の2つの頭は東と西を現すとされ、王冠をかぶった鷲が東西を見渡す様を示している。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
ハプスブルク家の皇帝たち―帝国の体現者
アンドリュー・ウィートクロフツ/瀬原 義生
赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀
ティモシー・スナイダー/池田 年穂