マルティン・ハイデッガー » マルティン・ハイデッガー(。フライブルク大学入学当初はキリスト教神学を研究し、フランツ・ブレンターノ現象学フッサールの他、ライプニッツカント、そしてヘーゲルなどのドイツ観念論キェルケゴールニーチェらの実存主義に強い影響を受け、アリストテレスヘラクレイトスなどの古代ギリシア哲学の解釈などを通じて独自の存在論哲学を展開した。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
ハイデガー事典
ハイデガー・フォーラム
現代思想 2018年2月臨時増刊号 総特集=ハイデガー ―黒ノート・存在と時間・技術への問い―
マルティン・ハイデガー/高田珠樹/小泉義之/森一郎/轟孝夫/グレアム・ハーマン/アラン・バディウ/村井則夫/岡田温司/藤原辰史/宮崎裕助
ハイデガー「存在と時間」入門 (講談社学術文庫)
渡邊 二郎/渡邊 二郎/岡本 宏正/寺邑 昭信/三冨 明/細川 亮一