『クレーヴの奥方』(クレーヴのおくがた、La Princesse de Clèves)は、ラファイエット夫人が書いた17世紀末のフランス小説である。フランス文学史においては最初期の小説の一つであり、「恋愛心理小説の祖」とも言われる。

出典:Wikipedia
お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます エリアを選ぶ 現在地から探す
クレーヴの奥方
ラファイエット著 ; 青柳瑞穂訳
クレーヴの奥方
ラファイエット夫人著 ; 永田千奈訳
集英社ギャラリー 世界の文学 (6) フランス1 クレーヴの奥方/マノン・レスコー/アドルフ/赤と黒/谷間の百合
ラ・ファイエット夫人/プレヴォ/コンスタン/スタンダール/バルザック/川村 二郎/菅野 昭正/篠田 一士/原 卓也
実像クレーヴの奥方
ヴァランティーヌ・ポワザ/著 萩原茂久/訳
クレーヴの奥方 : 他二編
ラ・ファイエットM.M.P. 生島遼一
文学とアダプテーション 2
小川,公代,1972- 吉村,和明,1954-