STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!

みんなの書評

さんの書評2021/03/041いいね!

三浦春馬さんが遺してくれた『日本製』と PHOTO BOOK

三浦春馬さんが遺してくれた『 日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020 』 まず、日本製 実際に本書を手に取ると、まるで参考書の様に厚み重みがあり、開けてみれば写真はあくまでも程良いバランスで文はぎっしり並んでおり……手にした瞬間から「これは本格的だぞ!」と手応えを感じ、読む前から無性にワクワク嬉しくなった事を覚えています。 そしていざ読み始めてみると…想像以上に「タレント本」ではなく、しっかりと日本の伝統や文化の素晴らしさ、その価値を見直す機会ですら与えてくれます。加えて春馬さんの様な誠実且つ謙虚で穏やかな空気も書全体に流れており、その様な空気に包まれながら彼の母国に対する敬意と愛情をひしひしと感じる事ができました。 しかしそれだけではありません。 春馬さんの飾り気のない手書きの見出しをはじめ、地域毎のコラムには慎重で素直な彼らしい言葉選びが垣間見れます。 又、取材先での裏側エピソードでは、春馬さんの食いしん坊、マイペースぶりを覗く事ができ、時々クスッと笑顔になれる様な要素も含まれ魅力溢れる出来上がりになっています。 更に、巻末のロングインタビューによって、本書や仕事に対する深く熱い想いをより強く感じ、最後の最後に哀惜の念に駆られることとなりました。。 そして、ドキュメンタリーフォトブック こちらはカラーではなくモノクロで、春馬さんご本人が仰っていたように正にドラマチックな仕上がりになっています。先に色が目に飛び込んでくるわけではないので、よりダイレクトに表情や動きを取り込む事ができます。 舞台裏の春馬さんをこうしてひとつひとつ眺める中で、そのありのままの姿から改めて日々の努力や役への想いを、このフォトブックからも教えて頂いたように思います。 改めまして この「日本製」という作品は、 三浦春馬さんの母国日本への誇りや未来に対する切なる願いまでも読み手に伝わる素晴らしい書です。 この素晴らしい書が、どうかひとりでも多くの方の手に渡りますように。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/03/045いいね!

三浦春馬さんが遺してくれた『日本製』

三浦春馬さんが遺してくれた「日本製」 実際に本書を手に取ると、まるで参考書の様に厚み重みがあり、開けてみれば写真はあくまでも程良いバランスで文はぎっしり並んでおり……手にした瞬間から「これは本格的だぞ!」と手応えを感じ、読む前から無性にワクワク嬉しくなった事を覚えています。 そしていざ読み始めてみると…想像以上に「タレント本」ではなく、しっかりと日本の伝統や文化の素晴らしさ、その価値を見直す機会ですら与えてくれます。加えて春馬さんの様な誠実且つ謙虚で穏やかな空気も書全体に流れており、その様な空気に包まれながら彼の母国に対する敬意と愛情をひしひしと感じる事ができました。 しかしそれだけではありません。 春馬さんの飾り気のない手書きの見出しをはじめ、地域毎のコラムには慎重で素直な彼らしい言葉選びが垣間見れます。 又、取材先での裏側エピソードでは、春馬さんの食いしん坊、マイペースぶりを覗く事ができ、時々クスッと笑顔になれる様な要素も含まれ魅力溢れる出来上がりになっています。 そして…巻末のロングインタビューによって、本書や仕事に対する深く熱い想いをより強く感じ、最後の最後に哀惜の念に駆られることとなりました。。 改めまして この「日本製」という作品は、 三浦春馬さんの母国日本への誇りや未来に対する切なる願いまでも読み手に伝わる素晴らしい書です。 この素晴らしい書が、どうかひとりでも多くの方の手に渡りますように。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/02/28

ネットビジネス黎明期の成功者による情報起業のコツは「売れるものを売ること」

# 書評☆5: 時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法 | ネットビジネス黎明期の成功者による情報起業のコツは「売れるものを売ること」 ## 概要 - 書名: 時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法 - 副題: - 著者: 菅野 一勢 - ISBN: 9784872578294 - 出版: 2007-09-25 - 読了: 2021-02-28 Sun - 評価: ☆5 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/02/28/ ## 評価 以前書評を書いた「[マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣](https://book.senooken.jp/post/2020/10/17/)」で紹介されており,気になっていた菅野一勢のこの本を借りて読んだ。 インターネットビジネス (情報起業,コンテンツビジネス) の黎明期の成功者による,成功の秘訣が具体的に書かれていた。 本書の特徴は,多くの情報起業本で書かれている,自分や身の回りの得意なことを真っ向から否定するところだ。 その代わり,売れるものを売るということで,商材選びが一番重要な手法となっていた。 売れるものを売るという,よく考えれば当たり前のことだが,そこに筋を通してやっていたのが新鮮だった。 代わりに,自分でカバーできない部分は,専門家やその道の達人とパートナーを組んで,取材をしたりして商材を作成することになる。 なかなかハードルは高いが,売れるものを売るという点を考えれば,なっとくの方法だった。 書籍に掲載されているWebサイトは多くがリンク切れになっているが,手法自体は未だに有効で,具体的な方法まで細かく書かれており,とても参考になった。 ## 引用 > ### p. 20-22: 情報起業で大切な3点 情報起業で大切な3点として以下をまず上げていた。 1. 売れる商材 2. 魅力的なセールスレター 3. アクセスが多いホームページ そして,その中で最も重要なことが,「売れる商材」を見つけることと強調していた。 情報起業の紹介本では,自分が持っている情報を売ろうというのが多いが,本書ではこれを真っ向から反対する姿勢を取っている。 「ネットで月収1000万円! 情報起業の不思議な稼ぎ方」でそのことに触れている。 そんなに売れる情報が身の回りにごろごろ転がっているわけではないというのがその理由のようだ。 > ### p. 26: 菅野式情報起業の手順 著者の大まかな起業手順が以下のとおりに記されていた。 1. 自分の好きなことをいったん度外視し,売れる情報を見極める。 2. まわりにその情報がなければ,持っている人を発掘し,概要を掴む。 3. セールスレターを書き,ホームページを作成し,先行予約販売を開始する。 4. 売れることを確認してから,商材の作成を進める。 5. 商材完成後,予約注文者に代引きで発送する。 6. 継続したマーケティングでホームページにアクセスを集める。 この内,3-6は手順に沿ってやるだけで,やってみるとそんなに難しくない。1-2の商材選びが一番難しいとのことだ。 > ### p. 32: バカ売れ3大ルール 商材選びで重要なルールが紹介されていた。 まず人間の根源の悩みに関わる「バカ売れ3大ルール」として以下の3点を挙げていた。 1. お金が儲かるノウハウ (株や稼ぎ方) 2. 男女の悩みが絡むノウハウ (モテる方法など) 3. コンプレックス解消,悩み解決ノウハウ (ダイエット,ハゲなど) 悩みが深く,お金を出してでも解決したいと思う人が多いので,売れやすいとのことだ。これに加えて,最近は以下の2点も急激に売り上げが上がるようになっているらしい。 1. お役立ちツール (ビジネスを効率化するツール集) 2. スキルアップ (TOEIC,記憶力アップ,ゴルフスコアアップなど) これらを「バカ売れ3大ルール+2」と本書では総称している。 例えば,インターネット上のお役立ちツールをたくさんまとめて紹介しただけのものでも売れるらしい。人が手間をかけている部分を楽にするという,家事代行,運転代行などと同じようなビジネスになるようで,需要があるらしい。 そして実際に以下の情報商材の販売プラットフォームでの売り上げランキングもこれに沿っているらしい。 1. [インフォトップ](http://www.infotop.jp) 2. [インフォカート](http://www.infocart.jp) 3. [インフォストア](http://infostore.jp) > ### p. 50: 売れる商材の見つけ方 実際にこの5の条件に当てはまるものを見つける方法を説明していた。 これはアマゾンの売れている本のランキングでわかるらしい。 ランキングを1-100位まで1週間に1回,5分間眺めて,気になるキーワードや本があれば,カスタマーレビューなどを読んで,何が良かったのかを把握して,特に気になったタイトルを控えておく。 これで売れるかどうかが直感で見抜けるらしい。 > ### p. 57: 菅野一勢の「商材発見法」 本書の肝ともいえる著者の商材発券方法が紹介されていた。まず,自分や身の回りの情報に限定しないということを前提としている。 1. 需要把握: 「教えて!goo」で選んだキーワード (例: 口臭) の需要を確認。1000件以下だと売りにくいと判断する。 2. ライバル確認: 検索エンジンでキーワードを検索して,スポンサーサイトを確認。他者の商品の概要を把握して差別化可能か判断。 3. ライバルの売れ行き把握: インフォトップのランキングを確認。 1で需要があるのに,2-3が少ない場合,供給が足りていないということで,大チャンスとなる。 > ### p. 63: 売れるネタかどうかを検証する「3の質問」 選んだキーワードに対して,更に3の質問で検証する。 1. その悩みに緊急性はあるか? 2. その悩みは,海の底のように深いか? 3. ノドから手が出るほど欲しい人は,どれくらいいるか? > ### p. 66: 商材のパートナーとなる「達人」 商材作成のパートナー選びについて紹介されていた。 ここまでの説明で,商材は売れる確率が極めて高い情報の中から,自分がやりたいもの,知りたいものを選ぶことができる。 肝心の商材は自分が詳しいとは限らない。その場合,その道の達人を探してプロデュースする必要がある。中途半端の得意分野でやると売れない商材を作ることになるので,まずは売れる分野にフォーカスする。 肝心の達人はいろんな方法で探せる。 1. SNS (ミクシィ) 2. オールアバウト そして,パートナーを選ぶ際は以下の6の条件をできるだけ多く満たせる情報商材を作れそうな人を選ぶ。 1. 必ず結果が出る (儲かる,やせる,もてる) 2. 早く結果が出る (明日から,たった10日で) 3. 簡単にできる (主婦でもできる,考える必要がない) 4. 時間がなくてもできる (サラリーマンやOLでもできる) 5. 写真掲載OK (証拠写真やプロフィール写真はあったほうがよい) 6. 投資資金が不要 (始めるのにいっさいお金はかからない) パートナー選びでは,断られてもくじけない。断られても失うものがないので,別の人を探す。 > ### p. 87: 商材の内容 パートナーを選んで商材作成時の内容について説明していた。 これは買い手が絶対に知りたいという内容をもれなく載せることが大事となる。 その分野の本を20-30冊を買い込んで,さらに購入した本のカスタマーレビューで,どういう情報を知りたいのか徹底検証する。 パートナーに商材を書いていただけない場合,質問事項をパートナーにぶつけて取材して,その内容を元に自分かライターで作成する。 > ### p. 91: 売れるタイトル・セールスレター 商材の作成方法が終わったので,ここからはセールスレターの話になる。 まず,タイトルについて説明していた。売れる本はタイトルでほとんど決まるとのことで,タイトルの重要性を問いていた。 これを踏まえて,「まぐまぐ」の週間総合ランキング,Amazonの売り上げランキング,情報商材サイトのランキングでタイトルを見て,まねる。 > ### p. 115: 売り方 商材の形態について説明されていた。 支払い方法を増やしたり,紙書籍版を用意するなど,販売方法を殖やすことを勧めていた。 ## 結論 ネットビジネス黎明期の成功者である菅野一勢の情報起業の手法が書かれていた。 どれも具体的で誰にでもできるような内容だった。コンテンツビジネスに限らず,ビジネスマンとして商売で成功する上で必要な基本的なスタンスも学べて,とてもよかった。 自分の期待以上の内容だった。 是非手元においておきたいと思える1冊だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/02/26

yomitaーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

yomitaーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーラグビー部ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー長ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーyーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/02/074いいね!

キュレーションサイト,オウンドメディアなど,ライティングに特化した漫画

# 書評☆3: 沈黙のWebライティング | キュレーションサイト,オウンドメディア,ライター外注など,ライティングに特化した漫画 ## 概要 - 書名: 沈黙のWebライティング - 副題: Webマーケッターボーンの激闘 - 著者: 松尾 茂起 - ISBN: 9784844366232 - 出版: 2016-11-11 - 読了: 2021-02-07 Sun - 評価: ☆3 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/02/07/ ## 評価 前著の[沈黙のWebマーケティング ディレクターズ・エディション](https://book.senooken.jp/post/2020/12/08/)が面白かったので,その続きの本書も読んだ。 前著がWebサイトの運営・マーケティング全般を取り扱っていたのに比べて,Webライティングに特化した内容になっていた。 比較・キュレーションサイトや,テーマ,オウンドメディア,ライター依頼など,ライティングに特化した内容だった。 ただ,前著に比べて,細かい話が多くて,ページ数もけっこう多くて,なんだか読んでいてだれてしまった。 ## 結論 前著はインパクトが強くて中身もまとまっていたのでよかった。 続編の本書は前著の最初のインパクトになれてしまったのもあり,印象が薄れてしまった。 ページ数が多く,内容も細かい話が多かったので,読むのが面倒くさく感じた。 ページ数は多いがすらすら読める内容だったので,参考として読むのはありだと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/01/26

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法

コンサルを超える 問題解決と価値創造の全技法 名和 高司(著)☆4 正解⇒https://www.biz-knowledge.com/entry/surpass-consultant マッキンゼーとボストンコンサルティング、両方でコンサルティングとして働いていた著者による二つの会社が用いている問題解決手法を目的から紐解きつつ、基本的な分析手法である「PEST」、「3C」、「SWOT」など定番フレームワークのの業務への落とし込み方と問題点を指摘。 また更にこれから必要となってくる価値創造について、どのように落とし込んでいけばよいのか?を指南している。 著者はコンサルは今後、AIに取って替わると言ってはばからず(ペッパー君がコンサルになる前に)、だからこそ、社会課題解決まで持っていくことが価値創造であり、コンサルの真の姿であると説いている。 各章は最後にまとめがあり、非常にコンサルらしいわかりやすい文章構成で、勉強になる。 そもそもの課題設定が肝で、そのピポットが重要である点、身に染みる話である。 第一章 問題解決力のまとめ ・問題解決は総合芸術である ・「問題だ」と思われているものは、現象にすぎず、本質的な問題ではない ・問題解決には、分析力に加えて、構築力がカギとなる ・そのためには、真理に迫る論理力だけでなく、心理に迫る洞察力が必要 ・答えはひとつではない。実行されてはじめて答えにたどり着く 第二章 課題設定力「論点思考」のまとめ ・問題の本質(チョークポイント)についての仮説から出発する ・why?を5回で、問題の本質を深堀りする ・「やるべきこと」を見つけるのではなく、「why not yet?」(なぜできていないのか?)を見極めることがカギ ・問題箇所に集中するのではなく、ソリューションスペースを広げる ・問題を機会に変えることで、異次元の可能性につなげていく ・事実に推論を加え、推論のあとにレコメンがあって初めて、提案としての価値が生まれる 第三章 仮説構築力「仮説思考」 ・「既顧客」ではなく、「未顧客」に注目する ・時間軸を取り込むことで、トレードオフをトレードオンに変換する ・あえて「OBゾーン」に打ち込み、「聖域」に踏み込む 第四章 インパクト力「インパクト思考」 ・課題に丸ごと取り組むのではなく、サブイシューのかたまりに細分化する ・経営上最重要なインパクト指標はボトムライン(収益) 第五章 フレーミング力①MECEとロジックツリー 第六章 フレーミング力②定番フレームワーク 〇PEST分析> マクロ環境を整理するには効果的だが、そこから新しい洞察が生まれることはない。あくまで戦略を練り上げるためのスタートライン 〇SWOT分析> 当たり前の「強み×機会」や「弱み×脅威」ではなく、「弱み×機会」と「強み×脅威」に注目し、「弱み×機会」←M&A、アライアンスが有効。「強み×脅威」←自己破壊を狙った別組織で対抗する ◎3C分析>市場を顧客、競合、自社の軸で分け、独立関数として分析しても意味がない。三者の重なりと動きに注目することで、市場のダイナミズムを洞察できる。現状分析ではなく、将来予測こそが戦略立案の肝となる。ブルーオーシャンは決して長くは続かない。したがって、レッドオーシャンでも勝ち抜くパワーと、新たにブルーオーシャンを生み出す努力の両輪が必要となる。 ▼5F分析>現状の整理にはなるが、それを戦略の前提にしてはならない。非連続な成長を目指すうえでは、顧客、サプライヤー、競合などと「競争」するのではなく、いかに「共創」するかという視点が求められる。 ▼バリューチェーン>自社活動に限定して捉えてはならない。顧客や産業全体の視点から幅広く捉え直し、「足すもの」、「引くもの」「自らやること」、「他人に任せること」をクリエイティブに設計し直す 〇アンゾフの成長マトリックス>市場と商品を2軸に取り、それぞれ既存と新規に二分することで、2x2のマトリックスができる。ただし「新×新」領域に一気に飛ぼうとすると、強みがないので確実に失敗する。片方の軸を既存に置き、もう片方の軸を新規にずらすことでイノベーションの成功率が高まる。更に3x3のマトリックスにすることにより、中間に「渡り廊下」を置くことで、進化の「けものみち」が見えてくる 第七章 分析の切れ味 第八章 ストーリーとしての戦略 〇プレゼンは論破より共感がカギ。危機感より使命感に火をつけることが重要 第九章 大前研一の「ワープする脳」 第十章 IQ・EQ・JQと「真善美」 〇何が善かを見極める力こそが、人間がAIに勝つ最後の砦 〇右肩上がりの成長が限界を迎えつつある今こそ、これまでのロジックを不利かがしてすぐに正解を求めるIQではなく、何が善かをじっくりと見極めるJQが求められる。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/01/171いいね!

株式投資全般に必要な知識が得られるテクニック集

# 書評☆4: 2018年版 億超えを可能にする 株の稼ぎ技 223 | 株式投資全般に必要な知識が得られるテクニック集 ## 概要 - 書名: 2018年版 億超えを可能にする 株の稼ぎ技 223 - 副題: - 著者: 立野 新治 and 下中 英恵 and 伊達 直太 - ISBN: 9784866362540 - 出版: 2018-04-15 - 読了: 2021-01-17 Sun - 評価: ☆4 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/01/17/ ## 評価 以前読了した以下の本が良かったので,シリーズのベースとなっている本書にも興味を持って読んだ。 - [2020年版 株の稼ぎ技 短期売買 228])(https://book.senooken.jp/post/2020/11/27/) - [株の稼ぎ技 短期売買編 175](https://book.senooken.jp/post/2020/08/20/) 内容は株式投資全般,主に中長期投資にフォーカスした投資術がまとめられている。以下の目次通りの内容が書かれていた。 1. 配当・優待 2. 銘柄選択・売買 3. 相場・テクニカル 4. 株に関する制度 5. 決算・IR・世界情勢 6. アノマリー・メンタル 特に株式投資初心者の場合,広範囲の情報を得ることができるので,最初の段階で読むととても有益だと思った。 特に,3の相場・テクニカルと6. アノマリーがよかった。相場は大口が動かしているので,その流れになるのが重要となる。 彼らの事情について書かれており,理解が深まった。 例えば,年間を通して,勝ちやすい月,下がりやすい月,ETFなどの解約のタイミングなどと合わせて理由も説明されており,なるほどと思うことが多かった。 ## 結論 株式投資全般に対する技がまとめられた本だった。 広範囲に渡って情報がまとめられており,目次を眺めて,興味ある箇所を拾い読みするだけでも十分有益だと思う。初心者の場合は全部読んでわからないところ,初めて知った部分を重点的に学ぶと,実践にも役立つと思った。 何より,この情報量で値段が1000円程度と安価なのが素晴らしい。毎年更新されているようなので,安定して勝てるようになれば,毎年購入するのもありではないかと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2021/01/031いいね!

アフィリエイト初心者が狙うべきジャンルは新商品?

# 書評☆4: 現役ASP役員が教える本当に稼げるアフィリエイト | アフィリエイト初心者が狙うべきジャンルは新商品? ## 概要 - 書名: 現役ASP役員が教える本当に稼げるアフィリエイト - 副題: アクセス数・コンバージョン率が1.5倍UPする プロの技48 - 著者: 納谷 朗裕 and 河井 大志 - ISBN: 9784800720528 - 出版: 2018-04-10 - 読了: 2020-01-02 Sat - 評価: ☆4 - URL: https://book.senooken.jp/post/2021/01/03/ ## 評価 以前読了した「[お金儲け2.0](https://book.senooken.jp/post/2020/08/01/)」でアフィリエイトの参考書籍として紹介されていて興味を持って読んだ。 ASP役員と有名アフィリエイターが共同で書いたアフィリエイトのコツがまとめられた本となっている。 内容としては,著者の片方の河井大志の「[10年稼ぎ続けるブログを創るアフィリエイト成功の仕組み](https://book.senooken.jp/post/2020/11/28/)」と似ている部分が多かった。 基本的には,アフィリエイトを行う分野を決めたら,それに関するキーワードを列挙して,キーワードを網羅するように記事を作り込んでいくというものだった。 基本的な手順が同じだったが,本書特有のツールの紹介,初心者が狙う分野として新商品を推奨するなど新しい視点があって参考になった。 ## 引用 > ### p.52: プロの技13 【ジャンルキーワード】ランキング、比較コンテンツの構成 > ジャンルキーワードはアフィリエイターだけでなく、そのジャンルに関する企業もSEO対策しようと考えているので、難易度の高いキーワードです。 > ___ > もしこのようなコンテンツでも太刀打ちできない場合、絞り込み検索ツールを入れるのもお勧めです。 > ___ > お勧めの絞り込み検索ツール作成サービス > > Alisearch (アリサーチ) http://alisearch.info 絞り込み検索ツールについて紹介されていた。 > ### p. 63: プロの技16 「上位表示をするキーワードを大量に選ぶ方法 こちらではキーワード選定に使えるキーワードツールが4点紹介されていた。 1. Googleキーワードプランナー: GoogleAdWordsに登録すると使える。 2. Yahoo!キーワードアドバイスツール 3. グッドキーワード 4. keywordtool.io > ### p. 95: プロの技24 各記事の順位チェックと記事のカスタマイズ こちらでは,自分が行った背策の実施効果の有無を確認するために,表示順位チェックについて書かれていた。 その中で,[GRC](http://seopro.jp/grc/)というツールが紹介されていた。 > ### p. 105: プロの技26 初心者向けのジャンルや商品を探してみよう こちらでは,アフィリエイト初心者が挑戦するジャンルとして,新着商品,新商品を狙ってみることを推奨していた。理由としては,ライバルが少なく,自分の記事が上位表示される実感を得られやすいことを挙げていた。この点についてはなるほどと感じた。 ## 結論 アフィリエイトのコツについて書かれていた本だった。 他のアフィリエイト本と共通する内容も多かったが,共通する部分は成功する上で本質的な部分なのだろうと思った。 文量も多くなく,アフィリエイトする上で読んで損はないかなと思った。 特に,初心者は新商品を狙うという点が目新しかった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/20

最新リストマーケティング解説

# 書評☆4: 6億円文章術 | 最新リストマーケティング解説 ## 概要 - 書名: 6億円文章術 - 副題: - 著者: 紙 直樹 - ISBN: 9784344925939 - 出版: 2020-01-31 - 読了: 2020-12-20 Sun - 評価: ☆4 - URL: money.senooken.jp/post/2020/12/20/ ## 評価 コンテンツビジネスやリストマーケティングなど,個人でできるビジネスについて調べていて興味を持って読んだ。 本書は数多くのインターネットビジネスを手がけて成果を上げてきた著者による,最もよいと考えているリストマーケティングの指南が書かれていた。 リストマーケティングというビジネス手法は昔からあるが,そこまで数が多いわけではなく,2020年時点では最新の書籍となっている。文章術というと言い回しや文章の構成などをイメージするかもしれないが,そういう意味では書名と内容は合っていない。あくまで,リストマーケティングをうまくやるための文章術という視点で見る必要がある。 なぜこの方法がいいのかから,基本的な考え方,ステップメールでどういう内容を組むかなどが書かれていた。 特に,コンサルティングから初めてノウハウを教材にしていくという流れが興味深かった。 直近に読んだ「[コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法](https://money.senooken.jp/post/2020/12/03/)」に通じるところがあり,よかった。 ## 引用 > ### p. 62: ブログ > リストマーケティングで稼ぐ方法や、その枠組みをどう考えるかなどはこの後お伝えしていくが、操作方法や、より細かい説明を知りたい場合は動画などをアップしている私のブログ (https://kaminaokiofficial.com) を、是非補足的に見ていただきたい。 著者のブログが紹介されていた。 > ### p. 75: 10年後も個人で稼ぎ続けられる「文章×リストマーケティング」とは? こちらでは文章×リストマーケティングでは,「仲間を集めてコミュニティを作る」ということをやることについて説明していた。 昔はインターネットがなく,良くも悪くもTVくらいしか情報源がないために,みな似たようなことしか興味がなかった。同じドラマや漫画を読んでおり,共通点が多かった。現在は細分化されており,共通の趣味を持つ人と出会いにくくなっている。この理由としては,SNSが流行っているからとしている。 実績がある人よりも,自分が興味のある人の発信を最終的に見るという傾向がある。つまり,実績の大小ではなく,生き方や価値観に共感して超小規模の「町」がネット上にいくつもできあがっている。だから,このコミュニティを形成することが重要だと書いていた。 これを踏まえて,基本的に以下の3ステップを実践する。 1. 発信するジャンルと「どんな人に情報を届けたいか?」、収益化のポイントを決める 2. 各種SNS (全てのSNSを駆使する必要はない) であなたの情報を欲している人を集める 3. 賞品や情報を提供する (あるいは紹介する) > ### p. 95: 文章術で人生を変えた人たち > 今では4社を経営し、私の会社の取締役も務める大越さん。本書と同時期に『Amazon個人輸出&輸入で実現する「雇われない生き方」』という書籍も出版されるが、彼に最初に会ったのは2015年頭頃でなかなか口下手な感じの印象だった。 教え子の著書が紹介されていた。 > ### p. 100: コラム成功法則「成功したいなら周囲の95.5 %の話は聞くな」 国税庁の「平成29年分民間給与実態統計調査」で年収1000万円以上の割合が4.5 %と書かれていた。ここから,金持ちになりたいなら,周囲の話は聞かないほうがいいということが書かれていた。 統計情報として参考になった。 > ### p. 105: 第3章「文章×リストマーケティング」で稼ぐ6億円文章術のポイント この章は本書の肝になる具体的な稼ぐ方法について説明が始まった。 まず,当然ながら稼ぐ方法としては以下の2種類がある。 1. 自分でコンテンツを作成・販売 2. 他人のコンテンツ・サービスを紹介して紹介料 さらに自分で作る場合,以下の3種類がある。 1. オンラインサロン: 月500円-5万円 2. 教材: 1-10万円 3. コンサルティング: 10-100万円 この中では,コンサルティングが一番良いとしている。最初は多くの顧客を集客するのが難しいので,一人あたりの単価を高く取らないと収益にならないというのが現実的な理由としている。 コンサルティングをする中で,ノウハウを教材にして,コンサル生なども含めてそこから教材・オンラインサロンのコミュニティなどをやると大きくしやすいらしい。 具体的な王道パターンは以下となる。 1. コンサルティングを販売 2. コンサルティングを経て貯めたコンテンツを教材化して、より多くの人にノウハウを見てもらう 3. コンサル生を本気で引き上げて成功させ、自分のサービスの実績を作る 4. 随時コンサル生は面倒を見られる範囲で受付つつも、最初の育てたコンサル生にもサポートに入ってもらう 5. 教材の精度を上げたり、コミュニティを展開したりする 6. 育った生徒は自分と違った「得意」を持っているのでそれをコンテンツ化させる 7. 生徒のコンテンツを広める・紹介する この一連の流れができると淀みなく収益が回り、雪だるま式に大きくなるらしい。 > ### p. 129: ニーズや強豪を調査する (ポジショニング) 自分の存在を際立たせていく上で,「早い」「デカイ」「珍しい」をポイントにしていた。これらのどれかがあると,自分を際立たせることができるとのことだ。 > ### p. 247: メルマガ 著者のメールマガジンは (https://kaminaokioficial.com/1a9f) とのことだ。 また,2016年に「自由人の条件」という電子書籍を出版しているらしいが,今では見ることができなくなっている。 ## 結論 リストマーケティングの新しい本だと思った。 リストマーケティングやコンテンツビジネスを行う上での基本的な考え方ややり方がかかれている。 このあたりの情報は思っていたより,書籍としてはでていないので,貴重な本だと思った。 個人的には,一部 (笑) などが使われているのが気に入らないが,そこを除けば文体も気に入っていた。 著者のメルマガなどを購読してもう少し勉強したいと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/12/19

日経平均と先物のタイムラグを狙えば勝ちやすい?

# 書評☆3: 一生お金に困らない個人投資家という生き方 | 日経平均と先物のタイムラグを狙えば勝ちやすい? ## 概要 - 書名: 一生お金に困らない個人投資家という生き方 - 副題: - 著者: 吉川 英一 - ISBN: 9784478017869 - 出版: 2012-01-26 - 読了: 2020-12-11 Fri - 評価: ☆3 - URL: money.senooken.jp/post/2020/12/11/ ## 評価 不動産投資とデイトレーダーとして成功している著者による個人投資家を目指すための方法が書かれている。 著者のブログは「[吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!](https://a1yoshikawa.blog.fc2.com/)」となっている。現在は,不動産がメインのようだ。 「[実は誰でもなれる!個人投資家という夢の職業|個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!|ザイ・オンライン](https://diamond.jp/articles/-/15845)」で興味をもって図書館で借りて読んだ。 不動産投資と株式投資の指南が書かれていた。どちらかというと株式投資,デイトレードよりの内容だった。 前半くらいまでは一般的なことが書かれており,後半に少し具体的な方法が書かれていた。 ゆきゆという個人投資家の影響を受けて,日経平均先物と日経平均のタイムラグを利用した売買で勝てるようになったらしい。 過去に有名だった個人投資家の情報などが書かれていて,参考になった。 ## 引用 > ### p. 018: 個人投資家になるには何の資格もいらない ここでは資産も知識もまったくないサラリーマンを念頭において書かれた『あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方』という本が紹介されていた。 > ### p. 36 踏み上げ相場 > 相場をいつも大きく押し上げるのは、踏み上げ相場 (空売りで予想に反して値上がりし,高い値段で買い戻すことで、さらに上昇する相場) で、売り方の買い戻しに寄るところが大きいのですが、売り方が売り込めない状況が続いているため、下にも上にも動かない管理相場が続いてしまったのです。 踏み上げ相場という用語を初めて知った。 > ### p. 110: 支払った授業料は軽く500万円 デイトレードを始めたきっかけとなる「ゆきゆ」のブログ (http://blog.livedoor.jp/yukiyu1218) が紹介されていた。 > ### p. 117: このブログに出会って失意のどん底からはい上がった 勝てない状況から勝てるようになったきっかけとなったたかやんのブログ「[デイトレ生存率向上ブログ](https://www.traderspage.biz/)」が紹介されていた。 > ### p. 121: テクニカル分析に最適なブログはこれ! テクニカル分析の参考に毎日チェックしているブログとして,「[ついてる仙人の『株式投資』『日経225先物』と『ありがとう』で幸せになるブログ](http://tuiterusennin.blog109.fc2.com)」を紹介していた。 こちらの著者は『株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式』と『日経225先物ストレスフリーデイトレ勝利の方程式』というチャート解説の本も出しているらしい。 その他,「[兜昇一郎の株で儲けるぞ!](http://kabutosyouitirou.livedoor.biz)」というもブログも紹介されていたが,こちらは閉鎖されていた。 > ### p. 125: 日経225のイブニング取引 > デイトレをやってみたいけど、日中働いているサラリーマンには無理とおっしゃる方は、日経225のイブニング取引をお勧めします。取引時間が16時30分から翌朝3時まで延長されましたので、帰りの遅い方でも取引できるようになりました。 日経225のイブニング取引は初めて知った。 また,ここでは『超入門 2億円稼いだ株之助の世界一老けたいデイトレ授業』という本も紹介されていた。 > ### p. 130: 私が見つけた勝利の方程式とは? ここでは著者が勝てるようになった経緯が書かれていた。ゆきゆのブログで先物という言葉が何回も登場していたのをヒントにした。先物の値動きを見て,225採用銘柄の現物株もほぼ同様の動きをしているらしい。デイトレードで勝っている投資家は,現物より一瞬早く動く日経平均225先物の動きを見て,後出しじゃんけんで現物株を取引しているので,高い確率で勝てるらしい。 > ### p. 139: 私がデイトレ中に表示しているのはこの3画面 ここでは著者がチェックしている情報が紹介されていた。 - 業種別に10株ずつ100銘柄の株価ボード - [リアルタイム 世界の株価指数と為替](http://www.w-index.com) - 日経平均と日経平均225先物 ## 結論 前半部分は比較的一般的なことが書かれていて,あまり参考にならなかった。 後半あたりから具体的に影響を受けたブログや手法が書かれていて,参考になった。 日経平均と先物についてはもう少し自分で調べたいと思った。過去の有名個人投資家の情報を知ることができる本だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!