さんの書評2020/03/23

ITベンチャー企業でのリアリティ高めの日常物語

# 書評☆3: 奥さまはCEO | ITベンチャー企業でのリアリティ高めの日常物語

## 概要
- 書名: 奥さまはCEO
- 副題:
- 著者: 鎌田 和彦
- 出版: 2013-04-02
- 読了: 2020-03-23 Mon
- 評価: ☆3
- URL: https://book.senooken.jp/post/2020/04/09/

## 評価
サイバーエージェント社の社長の藤田 普が絶賛しているとの評判をきき,前々から興味があったので読んだ。

人材派遣大手のインテリジェンス社の創業者であり,ベンチャーの経験のある著者により書かれた小説となっている。

内容は,女性のCEOの水田 聡美が率いるITベンチャー企業のクラウド・コネクト社に新卒で入社した鴨志田 正治の2名を中心に,ITベンチャー企業で日常を舞台にした物語となっている。

人材争奪戦やM&A,株主とのやり取り,最後は2名の恋愛模様と後半に行くにつれて内容の展開がよく,すいすい読み進められた。

内容はリアリティの高いものが多く,イメージしやすかった。

人称が正治と聡美とでいきなり交互する場面があり,少々読みにくいところがあった。

書名から恋愛物語になるのかと思ったが,前半部分では一切想定できず,後半あたりから無理やり取ってつけたように感じてしまった。

物語自体も,二人がくっついたところで終わっており,読む前はくっついた後の話がメインかと思っていたので,少々予想外れだった。

## 結論
全体としてはリアリティ高めの小説だった。

藤田 普の絶賛や,レビューの評価が高かったので気になっていただが,少々過大評価に感じた。

そもそも起業家がなぜこんな本を書いたのかなど,謎が多く残る本だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: