さんの書評2022/07/241いいね!

上島竜兵氏の自殺は首コリからくるうつが原因だったのではないか

上島竜兵氏の自殺は首コリからくるうつが原因だったのではないか、との著者のコメントを週刊ポストで見て、読んでみた。 ①首コリが副交感神経を圧迫する ②副交感神経の働きが悪くなり、いわゆる「不定愁訴」が出る ③不定愁訴がひと月以上続くと、うつ症状がでる。   というメカニズムらしい。 このうつはこれまでのうつ病とは全く異なり、抗うつ剤も効かない「新型うつ」とのことだが、①から③までぜんぶ仮説で証拠はない。 医学にはメカニズムがわかっていて治療法が開発される病気と、治療法が先に発見されて、あとでメカニズムが解明される病気のふたとおりがあるが、新型うつは後者だ、と著者は主張している。 タイトルに「女性」と銘打っているのは、女性は首の筋肉が弱いので、より首コリになりやすいからだそうだ。不定愁訴は更年期障害と合わせて、たしかに女性が圧倒的に多いという気はする。 首コリを解消すれば、抑うつも不定愁訴も雲散霧消、というなら多くの人にとって福音となることは間違いない。とりあえず、抑うつ症状がある人は、松井氏考案の「555ネックエクスサイズ」を試してみるのもいいと思う。手軽だし、抗うつ剤と違って副作用もないし、損はない。 個人的には、副交感神経の機能低下がうつ症状を引き起こすと主張するその根拠について、脳科学的メカニズムの説明を期待していたのが、それがなかったので、★3つとしました。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: