さんの書評2019/08/22

8bitPC時代のFORTH入門書+Thinking Forth

蔵書検索すると大学部の工学部には時々蔵書しているようです。この本を手に取るのはそんな工学部系の学生さんぐらいでしょうからここにコメントしておきます。

IBM PC(8bit)とかTRS 80(8bit)とかが現役だったころのFORTH入門書です。主に文法面・機構面をサポートした本です。この本を読めばForthの基本的な使い方が分かります。制御構造も好きに自分で追加できるForthですのでその辺りの説明もちゃんと入っています。スクリーンとかは当時のスタンドアロンFORTH(PC+フロッピーディスク)の話なのでさらっと忘れてしまって構いません。名前の先頭4文字だけ有効とかもメモリがえらく厳しかったころの産物ですので気にしないでいいです。
現在に至るも著作権放棄・フリーにはなっていません。Forth.inc社のページに行けば英語版の1版がダウンロードできます。オンライン版の方はForth.inc社の現行のForthでも動くように掲載ソースコードに修正が加えられた改変版です。

なお、この本と対になると言われながら長いこと訳されていなかったThinking Forthを適当訳しました。この本と併せて(当時の)Forth流を知るのに参考になれば、と思います。github、kuma35, thinking-forth-translateで辿ってね。
こちらの原文pdfなどはosdnあたりでググるとでてきます。翻訳プロジェクトがでてきますがたぶん稼働してません。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: