STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!

さんの書評2021/03/22

病院治療における酸素供給システムの性能評価を行った完全な専門書。でも面白い。

実際のところ、酸素は体にいいのか悪いのか、それが知りたくて手当たり次第に読んでいて手に取った一冊です。 が、酸化ストレスや酸素中毒などの生理学的・健康学な話ではなく、病院治療における酸素療法、それも酸素供給システムの性能評価を行ったもので、完全な専門書。 アスリートや芸能人が酸素カプセルを愛用しているというような話もあって、健康器具としての家庭用酸素発生器も結構売れているようですが、この本を読むと、身体に必要な量の酸素を入れてやるのはそんなに簡単じゃない、ということがわかります。 性能的にいっても毎分5リットルくらいの酸素発生器はおもちゃみたいなもので、ほんとうに酸素が足りなくて死にそうな病人には毎分30リットルもの酸素供給が必要とか、酸素を吸い込むマスクやカニューラの性能によっても酸素を取り込む効率がかわるとか、そういう機器としての酸素供給のあれこれを知ることができて勉強になりました。 酸素は身体にいいのか悪いのか、そこはわかりませんでしたが、面白かったです。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: