さんのコメント2018/03/12

BioDigitalが日本語対応しておらず、ラテン語っぽくて全然読めないうえに、辞書ツールで引いても訳語がでないことも多く困っていたが、本書は英語名はもちろん読み仮名まで振ってくれている。さらに筋がついている骨の方にも英語名と読み仮名を振ってくれていてたいへん便利だ。
筋ごとの精密なイラストだけでなく、機能、動作、支配神経、起始停止も図示されていて、とくに動作の記述がおもしろい。
たとえば、小円筋を使う動作は「目の前のものを払いのける、相方にツッコミをいれる」などとあって、実に具体的だ。
ざっと見ただけだが、ひとつ気になるところがあって、回旋筋腱板は肩甲挙筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の停止腱で構成されるとあるが(p117)、肩甲挙筋ではなく肩甲下筋の間違いではなかろうか?
ま、それはともかく、とても便利なので座右において都度参照したい。

共有する: