さんの書評2019/05/01

はなちゃんがいくらおこしてもね、おきないよ。はなちゃんは、こうおもうよ、

99悠人にとっておとうさんはどんな人だった?叱るときもちゃんとどうしてだめなのか、一緒に座って説明しくれて、僕の話もよく聞いてくれたし。296美涼 私、…この一年くらい好きな人がいたんです。城戸 幸せな男ですね。何をしている人なんですか?美涼もう三勝四負なんて言ってたけど、負けが込んできてるうですよ。城戸 相手には、その気持ちは伝えたんですか?美涼は長まつ毛を水鳥が物音に驚いて飛び立つ時のような忙しさで羽搏かせた。城戸はその素早い瞬きの意味がわからなかったが、300わかったところから、また愛し直すんじゃないですか。一回愛したら終わりじゃなくて、長い時間の間に何度も愛し直すでしょう?いろんなことが起こるから?320自分が原誠として生まれたとして、この人生を城戸章良として譲り受けたとしたなら、どれほど感動しただろうかと想像した。341一人の人間として尊敬しなければ、、、いうべきことは言ったが、注意するという口調はやめ、自分お不満は何かを説明するようにしていた。349悠人 お父さん、、、自分が父親にしてほしかったことを僕にしてたんだと思う、、、里恵 そうね、、でもそれだけじゃなくて、やっぱり悠人が好きだったからよ351その思い出と、そこから続くものだけで、残りの人生はもう十分なのではないか、と感じるほどに、自分にとってもあの3年9ヶ月は幸福だったのだと 里恵は思った。
在日韓国人差別問題の視点などやや難解な部分はありつつも、、、

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: