さんの書評2022/03/032いいね!

この書籍には著者の深い叡知と想いが詰まっています。

この書籍には著者の深い叡知と想いが詰まっています。 著者の清水先生は非常に高度な表情分析ができる世界で唯一無二のエキスパートです。 清水先生が書かれた他の書籍も同様に今回も「表情分析」と謂われる"表情"と"感情"の繋がりから人の心を紐解くための貴重な一冊となっています。     「裏切り者は顔に出る」 題名の通り、心に秘めた感情は実はよくみると表情の動きに表れているのです。  0.5秒だけ表れる無意識の「微表情」 その「微表情」から清水先生は"目視"により人の感情を読み解き、人間心理を追求してきます。 微細な表情の動きから人の感情を読み解き、感情の機微を追う姿は正に人間観察の究極のカタチです。 私は清水先生の書籍を含め、主催しているセミナーと出逢うまでは…「微表情分析」は長年に渡り特殊なトレーニングを積んだ者にしかできない人並み外れた"職人芸"であると考えていました。 確かに、フラッシュのように一瞬で表れては消え去る「微表情」を正確に読み解き、高度な分析ができるまでにはかなりのトレーニングと研鑽が必要です。 しかし、職人芸とまではいかなくとも…表情の動きが示している感情を知り、意識するだけでも人と感情を繋ぐ世界の見方が大きく変わります。 実際に清水先生のトレーニングを受けた瞬間から表情をみる視点に大きな変化が表れます。 そして、今まで見えなかった、観ようとしていなかった表情の動きに驚かされます。 そこに隠された感情を自分の目で見て、実際に受け取ることができた時…表情の機微を通して本当の人の心に触れることのできた喜びがあります。 実践のトレーニングを受けるまでには至らなくとも…書籍から得た知識や視点は物事の見方を代え、新しい世界へと誘ってくれます。 そんな「表情分析」という科学科と人間心理の世界を…分かりやすく、初めての方でも理解しやすいように考えて書かれたのが本書です。 表情分析の探求者には専門書として、これから「表情分析」を学びたいという方には入門書として、それぞれの視点で読むことのできる実践向きの書籍であると感じています。 ・「攻撃を目論んでいる顔」とはどんな表情なのか? ・離婚率九〇パーセントの表情とは? ・「モナ・リザ」は何を考えていたのか? ・スパイに口を割らせる「シャーフ・テクニック」とは? ・本音を引き出す「七つの質問」とは? 興味深い内容の数々と実際の写真を使用した練習問題もあり、それらを通して実際に表情の微妙な動きに触れることができるのも本書の強みだと思います。 長年に渡る「表情分析」の経験と深い洞察からなる内容には、その道のエキスパートだからこそ書くことのできる知見と叡知が散りばめられています。 そこには、本書からしか得ることのできない著者の言葉だったり想い、文字を通して心に感じるものがあります。 そして、主題でもあるホンネや嘘…真偽を"精査"するというのはどういうことなのか? 是非、この書籍を手に取って読んでみて下さい。 ここに書かれていることは決して机上の空論ではなく、正に実践で使うことのできる"生きた科学の結晶"です。 何より私自身が学んだことを実践していること、その実践からのフィードバックから自信を持って本書をオススメします。 貴方は普段、表情から何を受け取っていますか? 気になる方は是非、本書を覗いてみてください。 きっと、貴方にしか紐解くことのできない表情の世界があるはずです。 この本を読み終わる頃には表紙(帯)の写真にある笑顔に隠された表情(感情)がみえることでしょう。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

共有する: