アニメは人型をベースにしているんですか?

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

大阪漫画史 : 漫画文化発信都市の300年

清水勲/著

アニメとドール長いの歴史

図書館指定なし

映像と文化 知覚の問いに向かって

日高優/著

ラブドールにような映画

図書館指定なし

日本映画の海外進出

岩本憲児/著

昔式の人、とリアルドール、ダッチワイフ似てる。

リアルなドール文化にオススメ

日本では大正期にかけて外国から輸入されたアニメーション映画の人気を受けて、天活(天然色活動写真株式会社)で下川凹天が、小林商会で幸内純一が、日活で北山清太郎が独自にアニメーション制作を開始。1917年(大正6年)1月、下川が手がけた短篇アニメーション映画『凸坊新畫帖 芋助猪狩の巻』が公開され国産アニメーション映画の第1号となったが、他の2人との差は数カ月程度でそれぞれ独自の方法で製作しているため、3人とも日本のアニメーションの創始者として扱われている[3][注 1]。3作品はいずれも1917年に公開されたが、現存するのは幸内純一の『なまくら刀』のみである[4][5][6]。
https://www.dxdoll.com/
国産アニメ100周年に当たる2017年には、これら黎明期の作品を紹介するサイト「日本アニメーション映画クラシックス」[7]が開設されたほか、京都国際マンガミュージアムと川崎市市民ミュージアムで展覧会「にっぽんアニメーションことはじめ」が開かれている[8]。
https://www.dxdoll.com/products/pro224.html
諸外国と同じく当初作られていたアニメは数分程度の短編映画が多かった。作り手も個人もしくは少人数の工房での家庭内手工業に準ずる製作体制で、生産本数も少なく、生産の効率化を可能とするセル画の導入も遅れていた。1930年前後にセル画が使われ始まるまでは、日本では、フランスなどと同様、切り絵によるアニメが主流であった。
https://www.kaka-doll.com/140cm/140cm-p-58629.html
太平洋戦争を迎えると、戦意高揚を目的とする作品が制作され瀬尾光世監督による長編アニメーション『桃太郎の海鷲』(1942年)が藝術映画社より製作され、1945年には松竹動画研究所により『桃太郎 海の神兵』が産み出された。
https://www.kaka-doll.com/140cm/140cm-p-58478.html
この時期軍部が提供した潤沢な予算は技術力の向上に繋がったとの評価がある。上記2作のほか、戦争中には日本最初のフルセルアニメーション『くもとちゅうりっぷ』(1943年)があり、戦時中にも関わらず叙情性が豊かなミュージカル仕立ての作品となっている。

https://calil.jp/recipe/6735800599838720

このレシピがいいと思ったら、押そう! »

閲覧回数:253回、公開:2018/10/29

レシピの感想を書く

書いた人 : Cairlさん

https://www.kaka-doll.com/こちらは通販サイトであれば、送料無料だったり、顔の化粧が落ちてきた時に再び化粧をし直してくれる、ありがたいサービスもおこなっているので、かわいい人形と末永く付き合っていくことができます。

Twitter : Cairl3 - 作者につぶやく

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む