10代のための読書案内「つかさ食堂」vol.8

お気に入り図書館を設定すると、貸出状況が表示されます。 ⇒エリアを選ぶ
図書館指定なし

沖晴くんの涙を殺して

余命一ヶ月の女性・京香と、死神との契約で命と引き替えに負の感情を奪われ特殊能力を得た高校生・沖晴。二人が出会い、共鳴し、見つけた大切なもの、失ったもの。意味深な章題も秀逸。生きている。それだけで尊い。

図書館指定なし

カヨと私

小豆島で真っ白なヤギ「カヨ」と暮らし始めた著者。しかし平和で穏やかな時間は長くは続かない…。発情、出産…制御不能な野生との共存にカオスと化す日常と彼らへの愛情のはざまで奮闘する日々をスリリングに描く!

図書館指定なし

27000冊ガーデン

少しのミステリー ×(高校図書館+人と人との縁)= ヒューマンドラマ

図書館指定なし

やらかした時にどうするか

どれだけ注意していても生きていれば必ずどこかで起こる「やらかし」。大切なのはそれを前向きにとらえ、どうやって次につなげるかだと著者は言う。失敗に厳しすぎる現代を生き抜くみちしるべとなる心強い1冊。

図書館指定なし

きっと明日はいい日になる

落ち込んでいるとき、イヤなことがあったとき、悲しいとき、なんだか苦しいなあと思っているとき、面白いことなんか何もないなあと感じているとき……この本を読んだら、すこーし元気が出るかも。

図書館指定なし

プロジェクト・ヘイル・メアリー 上

SF小説。主人公と尊敬しあうバディになる異星人のエンジニアがとにかくかわいい。「人間の脳、役に立たない」「黙れ!」なんて言える彼らの会話をニコニコ読むと良いです。難しいこと考えるのは、そのあとでいい。

図書館指定なし

街に躍(は)ねる

小5の晶は高校生のお兄ちゃんが大好き。絵が上手で物知りで。独特な癖があっても、学校に行ってなくても、それが家では普通だった。でも同級生にコミュ障とか不登校と言われて晶の「普通」は次第に揺らぎ始める。

10代の人たちにオススメ

「つかさ食堂」は、和歌山県内の高校・大学図書館司書の有志メンバーが「この本おもしろいで!」を10代の人たちに伝えるフリーペーパーです。7冊の紹介本と、本や読書に関するコラムを掲載しています。フリーペーパーは、県内の公共図書館や書店に設置していただいています。

=設置場所=
東京医療保健大学図書館(和歌山)、県立神島高校図書館、県立星林高校図書館、県立桐蔭高校図書館、県立箕島高校図書館、県立和歌山北高校北校舎図書館、県立和歌山商業高校図書館、和歌山県立図書館(本館・紀南分館)、和歌山市民図書館、田辺市立図書館、国際交流センター、りぃぶる、宮脇書店(広瀬店・ロイネット店)、WAY(ガーデンパーク和歌山店、高松店)、くまざわ書店、宇治書店、帯井書店、本屋プラグ、未来屋書店和歌山、赤善書店、あおい書店、多屋孫書店、喫茶もくれん

もし見かけたときは、ぜひお持ち帰りください(^^)/

6人の人が「いいね!」を押しています。

閲覧回数:486回、公開:2024/01/10

レシピの感想を書く

書いた人 : つかさ食堂さん

和歌山県内の高校・大学図書館司書の有志メンバーです。10代の人に向けた読書案内「つかさ食堂」というフリーペーパーを不定期で発行しています。

この人が書いたレシピ

もっとレシピを読む